2017年10月25日

清華大学A

1.JPG



清华大学(清華大学)のシンボルとも言える、旧校門です
今ではキャンパスが拡張したので、敷地の真ん中あたりにあります。
とにかく清華に来て、ここを見逃すという手はありません。

自撮りのメッカでもありますね〰


2.JPG



清華大学は1911年(明治44年)に、
清の皇族が所有する清華園という庭園に作られたのが始まりです。

旧校門を入ったエリアには、当時の建築物がいくつも残っていて
北京市の文物保護地区になっています

清の時代の庭園ということで
大学の北隣の圆明园(円明園)と似た雰囲気を漂わせています。


3.JPG



大礼堂と広い緑地
シェア自転車の大手、モバイクをアクセントにあしらってみました〜。
(たまたまそこに停めてあっただけですが・・・)

この芝生だけは特別らしく
踏み込むと即、叱られるそうです💦


4.JPG



緑地の端には、これもシンボル的存在の日時計があります

重厚な台座が美しい・・・


5.JPG



明治村とかにありそうな雰囲気の建物ですね

学生証などが無いと入れないようです💨


6.JPG



レンガの建物にバラ園・・・英国っぽい一角です

なにせ敷地が広大なので
外にも牡丹園とか藤棚とか蓮池とか・・・四季折々楽しめるエリアが目白押しです。

気候のいい時期は木陰や水辺で読書なども素敵そうですが
やぶ蚊に悩まされるかも・・・⁉


7.JPG



キャンパス内にはたくさんの彫像があります。

こちらは清華大学出身の聞一多。
中国近現代の有名な詩人です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%9E%E4%B8%80%E5%A4%9A


8.JPG



こちらは吴ヨ、高名な歴史学者で、清華大学教授です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%89%E3%82%AB%E3%83%B3

彼の書いた京劇台本「海瑞罷官」が文革の発端となり
彼も獄中で亡くなりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E7%91%9E%E7%BD%B7%E5%AE%98


9.JPG



キャンパス内には、中国の伝統的な建物も残っています。

これも清華園の時代のものみたいですね


10.JPG



蓮池の前では、何かの撮影が行われていました🎬
講談のような、何か昔の話を調子よくしゃべっているようでした。

清華大学は広いし、きれいだし、歴史的建造物も多いので
ロケなどにちょうどいいかもしれませんね💡


11.JPG



古い建物を改造したカフェです
中はけっこうモダンに飾られていました。

店の名前「1911」は、清華大学の創立年ですね。

おしゃれで気持ちのいい一角です









posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(4) | 中国あちこち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

清華大学@

1.JPG



清华大学(清華大学)に行ってきました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E8%8F%AF%E5%A4%A7%E5%AD%A6

超有名大学なのに、行くとっかかりがなくて
近くをいつも通っているのに、入ったことがありませんでした💦

でも今回、清华大学(清華大学)に詳しいお友達に案内してもらえることになって
ようやく「大学訪問」ができることになりました


写真は東門です

清华大学(清華大学)は北京大学と並んで観光客が押し寄せるので
入り口でチェックがあります。
ここ東門も・・・

だから実際にわたしたちが入ったのは南門。
そこならノーチェックで入れるんですよね💡
(ザルやんっ)


あちこちで色々写真を撮ったので記事が散文的でとりとめないですが
何回かに分けてキャンパスをご紹介したいと思います


2.JPG



清华大学(清華大学)はとても広いです。
敷地面積は大学のHPによると356ヘクタール、東京ドーム76個分💨
http://www.tsinghua.edu.cn/publish/newthu/index.html

中国の大学の中では一番広いのではないかと言われています。

自転車か電動自転車でもないと、とても周れません


3.JPG



近代的ビルが立ち並んでいるかと思えば
こんなうっそうとした木のしげる公園みたいなところもあります


4.JPG



校訓の碑「自強不息、厚徳載物」

自らを向上させることを怠らず、厚い徳をもって責任を引き受ける
・・・みたいな感じの訳でいいでしょうか⁉


5.JPG



昼どきだったので、まずはご飯です〜

広いキャンパス内にはいくつも食堂があって
学生用、教職員用、高いの、安いの・・・いろいろあります。


ここは教職員用食堂ですが、学生も入れます
(学生が入れないのもあるようですが)

思い切り色あせたコーラの看板がいい味出してます💡


6.JPG



学生もいますが、年齢層が高めなので学食よりも落ち着いた感じです。

メニューは他の大学と大体同じで
ご飯に好みのおかずを合わせたり、麺類とか餃子とかもあります。


7.JPG



お友達ご推薦の、トマトの卵炒めの平打ち麺
9元(約153円?)

手打ち麺に腰があって、もっちりと美味しいです
トマトの卵炒めも、下手な学食だと油がよくなかったりするのですが、
ここのはさっぱりして味付けもほどよく、大満足でした〜


8.JPG



中国は以前、国営企業が従業員に宿舎を提供していた時代があって
そのなごりで、大学には今でも教職員宿舎があり
退職した教職員も大勢住んでいます。

だからキャンパス内の公園で
おじいちゃんおばあちゃんたちが、麻雀やってたりします。


9.JPG



水が抜かれていますがプールもあります。
これは付属小学校や中学校の生徒が使うもののようです。

これとは別に、ちゃんとした屋内プールもあるようです。


そういえば清華大学は水泳が必修科目になったとか。
http://beijing.shvoice.com/news/24159.html

受験勉強ばかりしてきた子たちにとっては、新たなる試練ですね💦


10.JPG



北京大学は総合的、人民大学は文系などと言われますが
清華大学は理工系ですね。

行けの向こうに大きな天体望遠鏡が見えました


11.JPG



昔ながらの建物が残っているエリアも結構あって
ここは何かと思ったら
大学のエンブレムがついた記念品ショップでした

Tシャツやバッグから、大きな置物や絵皿
安いものではノートやペンなどもあって
卒業記念に買うだけでなく
「清華大学を見てきました」記念に観光客もあれこれ買っていそうです









posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(4) | 中国あちこち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

焼き栗

3.JPG



北京語言大学の西門(西南門ではない)を出て
西郊宾馆の方へ北に向かって少し行くと、小さな市場があります💡

いかにも一昔前の中国っぽい作りで
いつも近くの小区の住民や語言大学の学生でにぎわっています。

果物と野菜が中心で、あとは卵などの食品と雑貨が少々・・・かな。
この辺にしては安いし
お客が多くて回転が速いので新鮮です

なんといっても
長く地元の人に利用されているという安心感がありますね〜


わたしも通りかかったときたまに買い物しますが
ここの焼き栗が結構イケると聞いて、早速行ってみました。

あ〰
入り口の右側に紅い看板に「糖炒栗子」って書いた機械がある
完全に見落としていました・・・


4.JPG



量り売りですが
「10元(約170円?)ちょうだい」という買い方もできます。

10元分で小ぶりの栗が57個入っていました

作り方も食べ方も味も、日本の甘栗をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。
でも甘栗よりおいしい

無意識に次々と手が伸びて止まらず
冬眠前の熊くらいたくさん食べてしまいました。
危ない危ない・・・💦


今回は炒って少し時間の経ったものを買いましたが
ここの店の栗を教えてくれたお友達によると
焼きたてが最高
だそうですので、次は頃合いを見計らって買いたいと思います〰









posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

十九大

11.JPG



「袖を捲り上げて、頑張ってやれ 未来の青写真を描き切ろう」
という感じのスローガンが書かれています
今回の十九大のキャッチフレーズのひとつですね。
(もちろん主席の言葉です)


十九大というのは、第19回中国共産党全国代表大会の略で
5年に一回開かれるようです。
(ひとつ前のは「十八大」と呼ばれます)
今年は10月18日〜24日までです。
だからわたしは初めてだったんですね〰
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A%E7%AC%AC%E5%8D%81%E4%B9%9D%E5%9B%9E%E5%85%A8%E5%9B%BD%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E5%A4%A7%E4%BC%9A

8月の終わりか9月の初めころから、
街のあちこちでポスターや横断幕を見かけるようになりました。

でもって、そのころから少しずついろいろと厳しくなってきました・・・

VPNが一層つながりにくくなっただけでなく
ネット自体が非常に重くなったり・・・


開幕直前くらいから地下鉄駅近辺での身分証チェックの数が急に増えました。
これは基本的には国民を対象としているようなので
一目で外国人とわかる人はスルーですが
わたしは最近かなり同化(?)しているので、まれに呼び止められてパスポートを提示します。
見た感じでは20〜40代男性が一番よく呼び止められていて
その次が若い女性って感じですかね。
おばさんはあまり止められません。

アパートを周っての検査もありました。
別に家の中には入ってきませんでしたが
入り口で身分証明書を提示して、学校名や電話番号を聞かれました。
人によっては賃貸契約書を提示させられたとか・・・

大会が始まると、地下鉄駅に警官が立つようになり
今までは一部の駅でしか実施されていなかった
ハンディ金属探知機によるボディチェックが
全ての駅で行わるようになったみたいです(全部の駅を確認したわけではないけれど)💨
(とはいえ、きちんと検査がされているかはまた別の問題で〰)

ここの記事に書いてある内容が結構わたしの実感に近いかも
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201710160252


12.jpg



外に出なくても十九大は追っかけてきます。

テレビやラジオもかなりの時間を割いているし
ネットも・・・

上のスクショは中国最大手の検索サイト百度のニュースページです。
ヤフーニュースみたいなサイトですね💡

普段は白くて、国旗などの絵もない背景がこんなんなっちゃってます。
よく見ると、ヘッドラインも「十九大」の文字ばかり・・・


でもまぁ、ニュースサイトなら理解できるのですが〰


13.jpg



优酷(中国の動画サイト、YouTubeみたいなもの)を開いたときは
思わず「ギャッ」と叫んでしまいましたよ・・・

いつもなら人気ドラマやアイドルの顔で華やかな画面が・・・💦

一瞬、違うサイトを開いてしまったかと思いました。


とりあえず25日以降、この状態が終息するのを祈るばかりです。
ネットの不便は本当に困るので。


そうそう、最近ヤフージャパンの検索ができなくなったのですが
(VPNを使えばできるけど)
http://www.asahi.com/articles/ASK9Q575PK9QUHBI01V.html
これが日本人駐在員や留学生の仕事や勉強に大きな打撃を与えています。

gooやbingなどの検索は使えるのですが
中国目線での検索結果ばかり出てきて
日本人が使えるサイトがなかなか出てきません・・・

その中では世界版のヤフーが比較的マシでしょうか。
https://www.yahoo.com


今後また変化していくかもしれませんが
日本語での調べものや、日本の情報を知りたいときは(あくまで主観ですが)
世界版ヤフー>goo>bing>百度
といった感じでしょうか。

VPNがつながらないときの調べ物は、マジ心が折れます・・・










posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

伊藤園

1.JPG



日本のボトルお茶といえば三得利(サントリー)の烏龍茶をよく見かけますが
伊藤园(伊藤園)もときどき目にします💡

大きなスーパーやコンビニで見ることが多いかな。
これは罗森(ローソン)で買いましたが
711(セブンイレブン)にもあるかもしれません・・・


茉莉白茶
白茶ベースのジャスミンティーです

中国っぽいパッケージが落ち着いた雰囲気ですてきです


味もさっぱりと上品にまとめられているし
もちろん甘くありませんから美味しいです


2.JPG



祁门(キーマン)红茶

これも控えめなパッケージが好感持てます

香りもよく無糖なので安心して飲めますね〜。


3.JPG



これは・・・

よくよく見ないと、日本のと区別がつかないパッケージですね。
店の陳列棚でもひときわ目を引きます

もちろん無糖〰


店によって違いますが
だいたいどれも5元(約85円?)前後ですから
中国ブランドも合わせた中ではやや高めの価格帯ですが
さほど高いというものでもありません。

こういうのもちゃんと手に入るのは
ありがたいですね









posted by vivian at 13:00| 北京 ☔| Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする