2018年01月06日

チケットとおみやげ

8.jpg



午门(午門)手前の以前は切符売り場だったエリアで
昼ご飯を食べたりみやげ物店をのぞいたりしました

故宮の中に入っても、充実したみやげ物屋の数が増えて、
いくらでも買い物はできますが
午门(午門)手前の店は、入場しなくても通りがかりに買えて
しかもかなり品ぞろえもいいので、いつでも買いに来ることができます。

故宮のサイトでもネット通販しているので
ご覧になれば、最近の故宮の頑張りぶりがよくわかるでしょう〜
https://palacemuseum.tmall.com/view_shop.htm?spm=a220m.1000858.0.0.0sUuFg&shop_id=157260118&scm=1048.1.1.12
(実店舗は、これよりさらに品数が多いです)


さて、今年の秋から故宮は完全ネット予約制になり、一日の定員も決められてしまいました。
今回初めてネットから申し込みましたが
現地で行列してチケットを買わなくていいとか
前のように無制限に入場させて大混雑・・・ということが無くなったのはいいのですが
いいことばかりとも言い切れないような💦

ここのサイトから申し込むのですが
http://gugong.228.com.cn/
支払いが支付宝(中国のスマホ電子マネー)か
指定されたいくつかの中国のネット銀行決済のみしか選べません。
さらに、中国の携帯電話会社回線のショートメッセージ機能も必要ですね。

外国人観光客や、中国人でもIT弱者にはハードルが高いです

外国人観光客の場合は
旅行会社に代行してもらうとか、ホテルのコンシェルジェに頼むとか
あるいは中国に住んでいる友人に頼むとかしないと・・・

もちろん当日、午门(午門)で直接買うこともできますが
混雑期には人数制限があるのでちょっぴり心配かも💨


入場料は4〜10月は60元(約1,020円?)ですが
今の時期は40元(約680円?)なので、行くなら今でしょって感じで・・・


6.jpg



午门(午門)の右側に、パスポートで予約購入した外国人用の窓口があります
表示が無いのでちょっとわかりにくい・・・


11.jpg



ここでパスポートを見せると
予約と支払い内容をチェックして、A4の紙をプリントアウトしてくれます。
これがチケットです。

注意することとしては
ネットで予約するとき、ローマ字の名前を入力した方がいいということですね。
うっかり漢字の名前で入力すると
日本のパスポートには正式な漢字表記が無いので・・・


この問題、欧米に旅行に行ったときは全く気が付かなかったのですが
中国やあと多分韓国でも
例えば漢字で住所と名前が書かれている書留郵便とか受け取るとき
その漢字の名前が自分だとパスポートで証明できないという
なんとも理不尽な状態に陥るわけです💢

聞くところでは中国のパスポートは
漢字とピンイン(アルファベット表記)が併記されているそうで
日本もそういう風に変えてほしいなぁ・・・と切に思いましたね。








posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 中国あちこち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

年末に故宮に行ってきました

1.jpg



1月3日までの特別展があったので
急遽、故宮に行ってきました〜

二年ぶりくらいでしょうか・・・

たまに出かけると
今年の冬はグッと減った大気汚染にぶつかったりして、
どうもツイてない・・・💦


ここから延々と故宮ネタが続きますのでよろしくお願いします〰


2.jpg



さて、おなじみの天安門です。

そういえば最近、広場で門をバックに写真を撮るとき
とある場所から来た観光客に
ある撮り方が密かに広まっているのだとか・・・

ここの部分のスローガンなんですが
両手を上げることで、三文字目と、五&六文字目を見えなくすると・・・


3.jpg



故宮の周りを巡る筒子河も凍っています・・・


4.jpg



最近では故宮の中にも食べられるところが増えてきましたが
お腹が空いたので入り口の手前にある店で昼食を💡

故宫快餐(故宮ファストフード)と銘打っている軽食店です。


5.jpg



鱼香茄子30元(約510円?)
マーボーナスに似た味の、日本人好みの料理ですね

場所柄、やや高い値段設定ではありますが
ぼったくりというほどの価格でもないし、充分良心的でしょう。


驚いたのはその味

思ったよりおいしい

もちろん見た通りのシロモノですので
めちゃくちゃ美味しいというわけではありませんが
学食などに比べるとはるかにイケるというか・・・
これならまた食べてもいいな・・・って思うくらいに。


こういう細かいところを見るにつけ
故宮が最近変わったという評判は本当だわ〜
と思うのでした。









posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(4) | 中国あちこち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

初笑い…おまけ

6.jpg



昨日ほどの「笑い」はありませんが・・・

このレベルの間違いも久しぶりに見たかも

ダム


好きならどうして間違えるっ⁉

しかもYAMAHAのバイクで間違えてるってところが、なお痛い・・・


7.JPG



これは字の間違いではなく
外国の地名を使ってカッコよくしようとして
でも実際にその場所を知っている側からすると微妙なチョイス・・・
という例ですね〰

「池袋」という名前の靴下屋さん・・・💦


もちろん池袋という土地にも名前にもなんの落ち度もないし
わたしは元々池袋好きですけれど
この店の人が意図したイメージ戦略とは方向が明らかにズレている気が〰


8.jpg



これは
無印良品+ダイソーにユニクロのロゴを掛け合わせた
例の10元ショップ「名創優品(メイソウ)」を
さらにパクったとしか思えない名前とロゴですねぇ・・・💦

しかしなんで選りに選って「千住」なんだっ⁉
外にもっと地名はあるだろうに・・・

この「千住」というチョイスの微妙さと来たら
なんとも脱力です💨
(千住もいい所なんですけどね、使う場所を間違ってるというか・・・)


こういう日本の地名の使い方に関しては
その起用理由というか、脳内イメージを一度じっくり聞いてみたい気がします。








posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

初笑い

2.jpg



正月気分の全く無い北京から新年のご挨拶を申し上げます

一応、元旦だけは休日になるのですが
年末からの地続き感が半端なくて
特に正月らしい話題も思いつかないし・・・


というわけで
友達から提供いただいた写真とネタで初笑いでも〜


日本人の友達がコンビニで買った冷凍ピザです

うん、なんとも華やかですね


3.jpg



乐しじねぺ好の滋味すだぜへ
体现友人享受すふ


いやぁ・・・久しぶりに見ましたわ
ここまですごい日本語💦

クスッと笑える程度の軽い間違いはまだたくさんありますが
これだけ派手に明後日の方向に振り切れているのは
最近ではなかなかお目にかかれません

20年前の香港を思い出させる力技ですね〜


4.jpg



現代美食主義の
ママレード


なまじ文法的に正しい分
その破壊力に目も当てられない状態に・・・

何がダメって、何もかもダメだし、
そもそもママレードとは何の関係も無いし・・・

ここまでかっ飛ばしてくれると、爽やかですね〰


5.jpg



おまけ

調理した後の「謎ママレード・ピザ」

生地はアメリカ式のパンっぽいタイプかと思いきや
パンはパンでも本物の食パン生地を使用していたらしいです・・・

味は一応普通のピザっぽいかったけど
不幸にして食パン状の台が水分をすべて吸収してふやけて
百歩譲っても、ピザトーストとすら言えない惨状だったそうで💨

というわけで
わたしに格好のネタを提供する以外の貢献はできなかったシロモノのようです。


念のため、中国の名誉のために補足しておきますが
ちゃんとしたスーパーでちゃんとした冷凍ピザを買えば
こんなことにはなりません。

これだけ面白い日本語表記にも出会えませんけれどね










posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

ブーツ

1.jpg



防水の長靴はあるけど
防寒のブーツがこの前の冬でダメになったので
ひとつ買うことにしました

幸い北京の冬は雪も少ないし、
乾燥しているから道もほとんど凍らないので
防水や防滑機能は必要なくて、ただ暖かければいいのが楽です


北京に来て買ったブーツはこれで三足目。
今回は五道口のショッピングモール、Uセンターの
热风(Hot Wind)という店で買いました💡

ネットでもショップ展開している
若い人向けの安くて手軽な靴が多いです。

行ったらちょうど目の前で値下げシールを貼っている最中だったので
(閉店前のスーパーみたいw)
店員さんの後について歩いてこれをゲット

このデザインでは一点のみ149元(約2,533円?)シールが貼られていました。
元値は169元(約2,873円?)でしたからせいぜい1割ちょっとしか引かれてないけど
それでもうれしい

軽いし、シンプルなデザインだし、中のボアの量も充分です

ワンシーズンだけでもあきらめつくけど
できれば2シーズン履けたらいいなぁ・・・


ちなみに北京に来て最初に買ったブーツはひと冬
次のブーツは三冬もちました。

毎年どんどんデザインがあか抜けていくのが早くてびっくりです。

ネット通販で
あまり元手をかけずに大量の商品を世に出すことができるようになって
若い人たちの目が急速に肥えてきたのが実感としてわかりますね









posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする