2018年07月14日

国家典籍博物館@

1.jpg




地下鉄4号線の駅名にもなっている中国国家図書館

「日本の本もたくさんあるよ💡」
とか色々聞いてはいましたが
行ったことがありませんでした。


で、今回行ったのは・・・

国家図書館ではなくて、
同じ敷地内の国家典籍博物館。


なんでも最近
熊本城主であった細川家が管理する永青文庫から
中国に大量の漢籍が寄贈されたのを記念して
7月25日まで一般に無料公開する
というニュースを聞いたので
これは行って見る価値あるかも〜
と思ったわけです。

「日本の永青文庫が中国国家図書館に漢籍4175冊を寄贈 北京で式典」
http://j.people.com.cn/n3/2018/0627/c206603-9475333.html


国家典籍博物館は国家図書館の門から入って向かって左側の建物。

写真の階段の裏に荷物預かり所があります。
中くらいの大きさのバッグでも
中には持ち込めないので
この長い階段を上る前に預けるのが得策ですね〰


2.jpg



「書籍でつながれた長い友好」とでも訳しましょうか?

ほとんどが撮影禁止だったので
大した写真は無いですが・・・💦


3.jpg



ヘタウマみたいな絵・・・

当時の中国に世界各地から
いろいろな人が来たというイメージでしょうか。


4.jpg



「望ク詩」 
日本の晁衡という人の作だとかいてありますが
阿倍仲麻呂のことですね〜

そして漢字を読むだけでなんとなく見当がつきますが
これって百人一首の
「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」ですね。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/jpn70.htm


実際に展示されていたのは
永青文庫が寄贈したものと
元々国家図書館にあった書籍の両方で

寄贈されたものの展示というよりは
「日中平和友好条約締結40周年」を記念して
友好の歴史をテーマにしたもののようでした。


貴重な書物をそんなにたくさん寄贈って・・・

と思って少し調べてみましたが
まぁ色々な見方はあるようですが

今回寄贈されたのは保存状態のよい良品だけれど
どうやら超級に貴重な漢籍というわけではなさそうです。

ただ
「日中平和友好条約締結40周年」だし
大量に変換されたというのは
中国的にもいい宣伝になるし
永青文庫の理事長は元総理の細川護熙氏だし
日本としてもこれでいいムードが作れればいいわけで

双方にとって
タイミングのいい美味しい話だったとも言えるかな・・・





posted by vivian at 13:00| 北京 ☔| Comment(4) | 中国あちこち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

夏の大改装

1.jpg



わたしの通っているBC学院は
一般社会人や企業駐在員も多いですが
他の大学で勉強しつつ
中国語力アップのために通う学生も多いです。
http://www.bcmandarinschool.com/jp/

だから大学が休みになる7〜8月は
ちょっと人数が減る季節・・・


というわけで、この機を逃さず改装しました


壁を明るい色に塗りなおして
古いパンチカーペットだった床は
清潔なフローリングに変わり
ずいぶんすっきりとポップな感じに〜


2.jpg



少人数クラス向けの教室も
とても可愛らしくなりました


3.jpg



でも一番みんなが喜んだのはトイレっ


今まではビルの共用トイレだったので
汚れても壊れてもどうしようもなかったのですが・・・

今回、BC学院専用のトイレが出来ました


鍵付きなので、関係者以外は使えず安全&安心。
専属の清掃員もいます。

うっかり写真の中から外れてしまいましたが
洋式便器の手前には、男性用が別にあって
女性が汚れを気にせず使えるようになっているところもニクイ


今、中国は「トイレ革命」のスローガンのもと
「ニーハオトイレ」の汚名返上にやっきになっていますが
(まぁ、以前に比べると格段に進歩したとはいえ)
やっと普通のレベルになってきた・・・
というのが現状でしょう。

いつも行く場所のトイレがきれいだと
気持ちも軽くなりますね〜




posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

クレーンゲーム

1.jpg



街のあちこちでクレーンゲームを見かけます💡

クレーンゲームの賞品は
トホホなぬいぐるみが多いので
ついつい注目してしまいます〰


マリオ・・・のようなもの

ヒゲの「やっつけ感」がたまりません


2.jpg



着ぐるみを着たリラックマ・・・

いや失礼、よく見たら
Lineのブラウンという熊みたいですね〜💦

Lineは中国ではほぼ使えないし普及もしていないのに
なぜかキャラだけは出まくっているのが不思議です。


3.jpg



この異常に可愛くないやつ
どこかで見たような気がするんですが

これ、なんでしたっけ??


4.jpg



マーベルヒーロー?

と思ったのですが
キャプテンアメリカ以外のマークがわかりません💨


5.jpg



これは
どう見てもくまモンなんですが

くまモンってこんな赤い首輪してましたっけ??


なんかどれを取っても微妙な違和感があるのですが

これはオリジナルデザインだと主張するための改変なのか
はたまた
単なるコピーの失敗なのか


深読みをするほどに混乱してきます〜




posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

迅速な対応

4.jpg



いよいよ大詰めのワールドカップ

中国では相変わらず異常な盛り上がりを見せています。


五道口购物中心(U-center)の正面に貼られた巨大なパネル
http://www.dianping.com/shop/9886180

それぞれの国旗が人の頭くらいあるので
そこから大きさを想像してみてください〰


お友達からここのパネルの右下の
グループリーグの中の日本の国旗の部分だけ
バスっと突き破られていた・・・と聞いて
昨日通りがかりに見てきました。

結果はご覧の通り・・・きれいに直っていました


この辺はは留学生の多いエリアでもあるので
五道口购物中心(U-center)も素早い対応をしたのでしょう。

そのあたりは評価できるし
ありがたいとも思うし
今は比較的いい状態だということかもしれません。

それに
外国人の多いエリアなので
穴をあけたのは中国の人とは限らない
という見方をする向きもあるようで・・・


まぁそれはそれとして
わたしのクラスは(先生も含めて)
全てベスト8に残れなかったので
(ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、韓国、ロシア、中国、日本・・・)
ある意味とても平和です



posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

ヴァン クリーフ&アーペル

1.jpg



今日美术馆(今日美術館)へ
ヴァン クリーフ&アーペル展を見に行きました。
http://www.todayartmuseum.com/


入場料は50元(約850円?)
目の保養にいいかな〜と


2.jpg



屋外展示してあった
中国現代アート・・・💨

最後の晩餐のパロディかと思ったら
13人いなかったので
なんだかよくわかりません。

でもテーブルの上にあるのは豚足とかなので
共食いだぁ〜


3.jpg


4.jpg


6.jpg



ヴァン クリーフ&アーペルの100年にわたる作品が
400点以上展示されています。

時代によってデザインが変わっていくのも面白いし
使われる素材も変わっていくのは興味深かったです💡


初期はルビー、ダイヤ、サファイヤ・・・って感じだったのが

トルコ石、真珠、サンゴが加わり
更にはオパールが登場して・・・

宝石の産地の開発とか
流通の発展とか
そういう歴史が見えてくる感じです。


5.jpg



これだけ大きい石だと
もはやキャンディやグミにしか見えない・・・💦


7.jpg



あれ?蒔絵っぽい・・・
と思ったら


8.jpg



日本人の職人さんの作品でした


9.jpg



これは飛行機旅行が流行し始めたころの作品。
当時の最先端だったんですね〜。

でも今見てもなかなか素敵


10.jpg



鳥がくわえているのは
マスカットより大粒のイエローダイヤ〰


11.jpg



ホーローの蓮の葉に座るオンディーヌ

機械仕掛けになっていて
蓮の花やオンディーヌの背中の羽が動きます。


一点一点が値段の想像もつかない豪華さで
細工の技術もすばらしく
それが400点以上ですから・・・

もうお腹いっぱいです〜。

これで50元なら安いと思いました




posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする