2017年04月18日

北京航空航天大学の八重桜

1.JPG



去年まで在籍していた北京航空航天大学の先生から
「キャンパスの桜が咲いたから見においで〜
と連絡をいただいたので、行ってみました。

北京航空航天大学の国际学院(国際学院)の入口の前の中庭に
春になるとひときわ目を引く八重桜があります。


2.JPG



何本かかたまって植えられていますが
どれもそこそこ大きな樹なので
一斉に咲くと半端ないボリューム感です


3.JPG



肉眼で見ると、日本の八重桜より少しサーモンピンクがかった感じで
遠めには桜っぽくないのですが
近くで見るとやっぱり桜に見えるので桜でしょう〰

それにしても巨大で、ベビーシューか鈴カステラくらいあり
それが爆発するように一斉に咲くので
圧倒的な迫力がありますね。


4.JPG



今年は桜を見る機会がほとんどありませんでしたが
八重桜はあちこちで見る事が出来たように思います

中国全体とか北京全体ではよくわかりませんが
少なくともわたしの目につく範囲では
八重桜の比率が結構高いような・・・

八重桜が土地や気候に合うからなのか
華やかさが好まれるのかは知りませんが
結構あちこちで見られるのはうれしいですね











posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 北京航空航天大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

ウォーターサーバー

1.JPG



北京航空航天大学の中国語クラス(汉语培训班)は
国際学院(国际学院)のビルに入っています。

四年生本科や大学院とは別の建物なので
新しくて色々な設備も整ったありがたい環境です


廊下の突き当りにあるウォーターサーバー。
ミネラルウォーターを使っていて、冷水と熱湯が出ます。

毎日、水筒に茶葉を入れてここに来てお湯を入れて
ささやかに水代を節約しています


2.JPG



これが本科や院の建物になると、
お湯汲み場もこんな風に変わります。

使っている水も、おそらく水道水と思われます。

まぁ、中国の水道水は、生では飲まない方がいいけれど、
このように沸かしてあればまず大丈夫です


そしてお湯の隣に、なにやら銭湯の入口みたいなものが・・・

これ、トイレです💨
女子トイレには「女」のカーテンが下がっています。

ドアが付いていないのは何故なんだろ⁉
まさか、そもそもドアをつける気が無かったのか💦


こののれん、地下鉄の駅のトイレでも見たことがあるので、
中国的には、割と普通のことなのかもしれません・・・

でもやっぱり、銭湯に見えるんですが〰













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 北京航空航天大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

パネル出現

3.JPG



6月末から7月頭にかけて卒業シーズンですが
早々とキャンパス内に記念撮影用バックパネルが登場しました

紅いお立ち台の上に乗ってポーズをとると
後ろのパネルには
「我们毕业了(わたしたち、卒業しました)」とあって
なかなかいい感じになります


さすがにまだガウンを着て記念撮影する人はいないので
今は遊びの写真を撮る人ばかりですが・・・📷


4.JPG



パネルはもう一枚あります

こちらは「卒業」の文字が無いので
在校生でも誰でも記念撮影ができますね


北京航空航天大学の名の通り、飛行関係が中心の学校ですから
それっぽいパネルになっています

個人的にはロケットとかの方が楽しいかも・・・とは思いますが
空母もまぁ、「トップガン」のオープニングっぽくて悪くないかな。

せっかくだから、
わたしもそのうちクラスの子たちとここで写真を撮りたいですね〜


とにかく中国の人は記念撮影が大好きなので
このパネルは絶対ハートを直撃でしょうね。
卒業シーズンの混雑ぶりが目に浮かびます・・・













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(2) | 北京航空航天大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

国際文化祭

1.JPG



先週末に北京航空航天大学の国際文化祭がありました。

国際文化祭と言うと
「小さな国連」の異名を持つ北京語言大学のが大規模で有名ですが
北京航空航天大学でも、ささやかながら楽しく開催されました


2.JPG



青空のもと、白いテントが20ほど並びました

学生や、キャンパス内の宿舎に住んで先生方で、結構な賑わいです。

それぞれのテントでは、留学生が自国の写真や民芸品を展示したり
軽食や飲み物をサービスしたりしています


3.JPG



まずはスーダン(苏丹)
・・・と書いてあるけれど、南スーダンの方じゃないかとちょっと思ったりして。

北京航空航天大学には南スーダンの留学生が多く来ているし。


文化祭への参加は申請ベースで
希望する国だけが出店するので、全ての国や地域がここに出ているわけではありません。

ただやっぱり
ある程度の分布の傾向は見てとれますね。

中国とお友達関係の深い国や地域からの留学生がやっぱり多いし
出店しているのもそういう所が多いように見えました。

つまり、アフリカ、中央アジア、南アジア・・・って辺りが。


4.JPG



カメルーンのブースでは、友達のカメルーン人が一人で店番をしていててんてこ舞いでした。
彼も普段は着ない民族衣装で、気分を盛り上げています

メインのテントに行くとパスポートみたいな小冊子をもらえて
各国のテントで「入国スタンプ」を押してもらえる趣向なので
大勢の人が全部のブースを周りたがるわけです。

で、
彼は次から次へと来るスタンプ希望者に、一生懸命押していると・・・💦


5.JPG



シエラレオネのテントには、民族衣装の顔だしパネルが

テントの上に書かれた、それぞれの国名の漢字表記も合わせてお楽しみください〰


6.JPG



可愛い民族衣装を着たスタイル抜群の美女は大人気

ウクライナです。


7.JPG



カザフスタンの衣装も素敵ですね〜


8.JPG



びっくりするほど体の線が透けてみえるのは、
ご存じ、ベトナムのアオザイです


9.JPG



自動車の撮影用パネルを用意しているのはメキシコ、アミーゴ

写真右奥には、
来場者と記念撮影している韓国の民族衣装を着た留学生が見えますね〜。


10.JPG



今回の国際文化祭に、西ヨーロッパから唯一参加していたのがスペイン、オラ〜っ

サングリアとスパニッシュオムレツをふるまって、大人気でした


とまぁ、あっという間に周り切れてしまうほどの規模ではありましたが、
天気も良く、みんな和気あいあいと楽しそうでなによりでした。


日本は・・・不参加です💨

今回はみんなそれぞれの用事で忙しかったのもあるでしょうが、
どちらかというと元々潜水艦型なので。

「この大学に日本人は20名くらいいる」と言うとみんなびっくりします。
そのくらい深く潜行していて目立たないんですね。

仲は結構いいし、それなりに集まって活動もしていますが、
比較的表に出てこない気がします。

まぁ、ここではこのくらいがちょうどいいのかも💤














posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(2) | 北京航空航天大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

トルコ文化の夕べ

1.JPG



北京航空航天大学でも、留学生のいわゆる「国際文化祭」みたいなのはありますが、
それとは別にイベントをすることもあります。

先日、トルコ人留学生たちが、「トルコ文化の夕べ」みたいな集まりを開いて
大勢の生徒や先生が集まりました


北京航空航天大学に留学しているトルコ人は結構たくさん居て、
四年生本科や院にも居ますが、中国語クラスにも大勢います。

中国語クラスのトルコ人の特徴は、
全員が社会人で、ほとんど全員が観光ガイドということです

現在トルコへ観光旅行に来る中国人が増えているので、
ビジネスチャンスをつかむために中国語を勉強しに来ているらしいです。

彼らは数か国語を流暢に操り、
日本語ペラペラの人も何人もいて、おしゃべりするととても楽しいです
「トルコは親日家が多い」とは聞いていましたが、本当に好かれているようでうれしいです。


「トルコ文化の夕べ」は、まずPPTや簡単なビデオでトルコの地理や観光の紹介から始まりました。
まだ彼らの中国語レベルがそこまで達していないので、説明は全て英語です💦


2.JPG



ラクというトルコのお酒の紹介です。

ブドウから作られていて、アニスで香りがつけられた、35℃という強めのお酒・・・

無色透明ですが、これに水をそそぐとカルピスみたいに一瞬で色が変わるのが不思議でした。


3.JPG



トルココーヒーと、コーヒー占いの実演

でも実は、トルコの人は普段はコーヒーよりもお茶をたくさん飲んでいるのだとか⁉


4.JPG



お土産にもらったトルコ航空のカレンダーです。

トルコの風景がきれい


5.JPG



トルコ原産のヘーゼルナッツ。
実は世界のヘーゼルナッツの大部分はトルコが輸出しているのだとか。

美味しいのでいくらでも食べられそうで危ない危ない・・・


6.JPG



そしてみんなお待ちかねの、トルコ料理の試食会です〜


インゲンの煮物、豆の煮物、
右上はレンズ豆のマッシュにスパイスを混ぜて丸めたもので、
少しボソボソしますが、意外と美味しいです

油控えめで見た目よりあっさりしていて、
スパイスは効いているけれど、辛くなくて、マイルドな感じ。

強いクセが無いので、とても食べやすいですね〜


実はひと口食べた時に、トルコ人が聞いたら泣いちゃいそうなことが頭に浮かびました・・・
「アメリカで食べた料理に似てる〰」

これはもちろん、アメリカのファストフードや安いレストランや普通の家庭料理というのではなくて、
ニューヨークとかラスベガス辺りの小洒落たエスニック風レストランで
たいそうな値段で出てくる感じの味・・・ってことです。

それを普通の留学生が、寮のキッチンで普通に作れちゃうんだから
トルコ料理ってすごいのかも・・・なんて思ったりもしました。

いや、本当に美味しかったですよ〜













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 北京航空航天大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする