2017年09月08日

中国へのお土産など

北京に戻りますので、移動中更新を2〜3日お休みします。
今回は短くて、ドタバタだったなぁ💨


1.JPG



以前ほどバラマキ土産が必要では無くなりましたが
それでも多少は買っておかないと・・・

2013年に北京に行った頃は、わりと何でもよかったのですが
今はみんな日本の情報を持っているし
北京で買える物も増えてきたので
お土産選びも色々と悩みます💦


それでもまだチョコレートは鉄板ですね

夏なので商品が少ないのと
前に買ったものがまだ残っているので
ほんの少しだけ買い足しました。


2.JPG



とはいえ、チョコ、バター、コーヒーといったものが苦手な人も結構います。
年齢が高い人が多いですが
たまたま家庭であまり食べなかった若い人もいるし・・・

味覚が保守的な人も多いので、変わった食べ物はお土産にできないことも

今回もそういう知人のために頭をひねって、ドライフルーツを買ってみました。
食べられるといいなぁ・・・


3.JPG



日本語を習い始めたばかりの人には絵本

あまりくだけていない日本語で、大人でも満足できる内容と言うと
結局こういう超オーソドックスなものに落ち着きました。


4.JPG



ホットアイマスクは「爆買い」のマストアイテムでもあり
中国でも売っているのですが

無い種類のがあるのか、値段が高いのか、直で買ってこないと信用できないのか
その辺はよくわかりませんが
「買って来て」と頼まれたものです。


5.JPG



これは日本人のお友達からの頼まれもの。

中国では、カフェは街のいたるところにありますが、
家でコーヒーを飲む人は意外と少ないようで
スーパーではインスタントコーヒーとクリーム&砂糖入りスティックコーヒーが主流です
しかも数もそんなに多くない。

レギュラーコーヒーとか、豆とか、ミルとか、
行くところに行けば売ってはいるのですが・・・

間違っても例のメイソーに安いフィルタが売っていたりなんかしません


というわけで日本製でしかもお買い得なフィルタを買ったのですが
なんか高くなってない⁉

前は100枚入りだった気がするのですが
今回探したら、多くて90枚、少ないと80枚とか・・・










posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

日本で買ったもの

5.JPG



一時帰国の大きな目的のひとつは「買い出し」ですから、いろいろ買います

まぁ何だかんだとたくさん買いましたが、一部ご紹介・・・


まずは定番のパスタソース

ホント、これ売ってないんですよねぇ


6.JPG



おむすびを作ることもあるので、
混ぜ込むこういう商品は便利ですね💡

それから鍋キューブのキムチ

一人前ずつになっているので
鍋ではなくて、残りご飯でキムチ雑炊を作るのに重宝しています


7.JPG



中国の建物は新しくてもすき間だらけなのに、
質のいいすき間テープが無い・・・
だから安くて貼りやすい日本のを持って行きます。
これからまた寒い季節が来るし・・・

下水の臭いがどうしても気になるので、パイプ洗浄の錠剤もいつも持って行きます。
ほんの一時しのぎにしかなりませんが💦

消臭スプレーの無香料のも無いので(輸入品の高いのはあるけど)
詰め替え用を買っていきます。

制汗剤・・・
全部じゃないけど、中国で売っているいくつかは、かぶれるんですよねぇ・・・
無香料のも無いし・・・


8.JPG



今回、試しに買ったらわりとよかったもの

クラシエの点温膏K

2センチ四方くらいの小さなプラスターなので、ピンポイントで貼ることができます。
匂いも刺激もかなりキツいですが、効く感じ〜

ものすごくコスパがいいのも嬉しいですね。










posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(4) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

日本へのお土産A

6.JPG



中国土産に中国茶というのは定番中の定番ですが
これも結構マンネリだし・・・

というわけで、今回は量り売りを買ってみました💡

買ったのは吴裕泰(呉裕泰)
街のあちこちに店舗のある、老舗のチェーンです。


ティーバッグなども売っていますが
今回はカウンターの後ろにずらりと並んでいる茶缶から量り売りで。

普洱(プーアール)茶の缶は7種類ありました。
500グラム150元(約2,475円?)〜6,000元(約99,000円?)まで・・・

確認したら、最少50グラムから売ってくれると言うので
お土産にはそれで充分でしょう


下から二番目の500グラム300元のと、そのワンランク上の600元のを見せてもらいましたが
正直言って、茶葉を見たり香りをかいだりしても
大きな違いはよくわかりませんでした💦

それぞれ50グラムずつ量って袋詰めしてもらいます。
ちゃんと口は機械でシールしてくれるので安心ですね


495円と990円
気にならない相手なので、袋に値段を書いてもらいましたが
もちろん書かないでおいてもくれます。


马连道(馬連道)のお茶の卸売市場もいいですが
こういうチェーン店は手軽に買えるし安心感もあるので
これはこれでとても便利ですね

王府井や前门あたりの観光客の多いエリアの分店だと
言葉がたどたどしくても丁寧に接客してくれるのでありがたいです









posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする