2018年01月18日

NIJIGEN

1.jpg



そういえばすっかりアップするのを忘れていましたが
秋ごろちょっと評判になった飲料
その名も「NIJIGEN(二次元)」
セブンイレブンで発見しました。

「二次元」はアニメや漫画を指すことばとして
すっかり中国でも定着したみたいです〰


パッケージも、いかにも「二次元」の世界ですね

青い空と満開の桜というのも日本のアニメにありそうな光景だし・・・

ただ、女の子の服装は中国で流行っているスタイルみたいかも〜⁉


2.jpg



ちなみにこれはコーヒー牛乳なのですが
ちゃんとストーリーがあります💡

いいかげんに訳してみると

出会い
桜が少しずつ開花し、早春の暖かい潮風を感じる。
醇(ヒロインの名前)は街を歩いていた。
自分がまるでピンクの花びらになったような気分いっぱいで。
「あっちにいるのは哥伦(コロン)先輩?なんてクールなの!」
「わたし、二次元クラブの部長なんだから、なんとか先輩をうちのクラブに勧誘しなくちゃ!」
「でもわたしなんか相手にしてもらえるかしら?」
牛乳がコーヒーに出会った・・・つづく

ヒロインの醇という名前は「純粋な」という意味があって
混じりけのない牛乳を指していると思われます。

あこがれの先輩の名前哥伦(コロン)は
おそらくコーヒーの産地の哥伦比亚(コロンビア)から取ったものでしょう。


なんだか青春アニメの始まりみたいな感じですね〜

「つづく」って言っているのだから第二章を期待してしまうのですが
年が明けてもまだ第二弾はお目にかかっていません・・・💨

企画が流れてしまったんでしょうか💦


3.jpg



作られているのは上海。

光明という乳製品の会社で
北京でも牛乳やヨーグルトをよく見かけるメジャーです


味は・・・
至って普通の「日本のコーヒー牛乳」です
妙に懐かしい〰

コーヒーの香りが結構強調されているので
あまりチープな感じではなくて、コーヒー牛乳としては悪くないかも。

ぜひこの物語の続きが読みたいものです〜











posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

10秒メシ

1.jpg



食欲の無い時、時間の無い時は、
いわゆる10秒メシが便利です💡

でも中国ではあまりそういうのが無くて・・・


これはフランス(?)の朝食ビスケット、BelVita

結構あちこちのスーパーで見かける商品です


2.jpg



お菓子というよりは、バランス栄養食っぽい感じですね。

中国のカロリー表示はキロジュールなので
換算すると
100グラムあたり約447キロカロリーで合ってるかな?

カロリーメイトが80グラムで400キロカロリーですから
似たような感じでしょうか⁉


色々なフレーバーはあるみたいですが
どうも甘すぎる感じで・・・💦


3.jpg



ゼリータイプはさらに見かけませんねぇ💨

お菓子の範疇に入るものはあるのですが
ビタミンとかが入った機能性は・・・


これはセブンイレブン・オリジナルのゼリータイプですが
ただのお菓子なので、これも甘すぎて・・・


普通に納得できる味と内容なのはソイジョイくらいなのですが
これが最近なぜか見当たりません・・・

これはよくある欠品なのか
それとも中国市場から撤退してしまったのか・・・


中国って、一度店頭から品が切れると
どこの店からもきれいさっぱり無くなって
数か月たってやっとまた出回り始める・・・ということがよくあります。

生産管理の問題なのか、流通の問題なのかわかりませんが。


ヨーカドーとかイオンに行けばあるかなぁ、
今度行ってみます

そういえば华堂商城(イトーヨーカドー)は丰台(豊台)店が閉店して
ついに北京で一軒だけになってしまいました・・・

スーパー部門だけ残してあとはクローズしてもいいから
なんとかこの一軒だけは持ちこたえてほしいものです










posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

コンビニのパン

4.jpg



コンビニのパンは、おむすびよりはハズレが少ないかな・・・

全时(ampm)のロールケーキ。
日系じゃないコンビニのパンは
これぞ💡というほどのヒットはあまり無いですが
これは比較的マシな方かも。

山崎のスイスロールが好きな人なら歓迎のチープな味わいです

上に散らしてあるのは干しブドウではなくて小豆って辺りも
なかなかツボではあります。


5.jpg



セブンイレブンはアニメっぽいキャラのシールがトレードマークです

サンドウィッチも安定の味ですが
毎回買ってしまうのは菠萝包(パイナップルパン)・

パイナップルパンと表記してありますが
これは完璧にメロンパン、期待そのままの味と食感が嬉しいです〜


6.jpg



罗森(ローソン)にはカップケーキまであります

黒糖味でナツメ入りと、少々中華っぽいですが
普通においしくて満足です。


7.jpg



罗森(ローソン)でのお気に入りはこれ
蔓越莓(クランべりー)のパンです。

ほとんど甘くなくて、このまま食べても大しておいしくないのですが
持ち帰って軽くトーストしてバターをつけると
ほのかな酸味が出てなかなかイケます

どうしてコンビニで、そのまま食べてもあまりおいしくないパンを売っているのか、
どうして唐突にちょっぴりヨーロッパを思わせる風味のパンを売っているのか、
その意図がよくわかりませんが、おいしいからいいとします


8.jpg



同じシリーズのマンゴーがあったので買ってみましたが
これは特筆するほどではなかったですね💨

このパン生地には
北方の木の実やベリー系の方が似合う気がします。


この外にはチーズ蒸しパンなんかもよく買いますが
最近は美味しいパンが増えてありがたいことです










posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

宏状元

1.jpg



まだ風邪っぽかったので、今度はお粥にしてみました

宏状元
http://www.dianping.com/shop/2900014

あちこちにあるお粥のチェーン店ですが、実は入るのは初めて💡

「状元」といえば
科挙の最終試験第一位に与えられる称号ですから
ずいぶん立派なお粥だこと・・・


清华大学(清華大学)のすぐ隣にあるので、お昼は混雑します💦

幸い11時50分ころに入ったのですぐ座れましたが
そのあとあっという間に席が埋まってしまいました。


2.jpg



テーブルには自助点餐(セルフオーダー)のQRコードがついていました。
おぉ、話には聞いていましたが使うのは初めて・・・


自分のスマホでこのQRコードをスキャンすると
この店のメニューページが開きます(テーブル番号つき)

欲しいものを入力して決済に進めば
その場でスマホの電子マネーで支払いができます。

支払いが済むとオーダーが厨房に通ります。


なるほど、これなら紙のメニューは要らないし
従業員はお運びだけで、人件費節約になるし
レジで行列することもない・・・

ここまで来たか💨

まぁ店によって向き不向きはあるでしょうが
ファストフード系や若者向けの軽食系には便利なシステムかもしれませんね


3.jpg



注文したのは宏状元皮蛋粥、いわゆる皮蛋痩肉粥です。

お粥の上にドーンと載っている巨大な揚げワンタン皮にびっくりです

砕きながら食べましたが
お粥の中には少量ですがレタスまで入っていて
北京では珍しくなかなか香港っぽいです

味はまぁ、チェーン店の味でしたが
揚げワンタン皮といいレタスといい、細かいところを押さえているのが気に入りました。

14元(約238円?)とリーズナブルだし
軽く食べたい日にはちょうどいいかも。

また早めに入店できるときには利用してみようかな











posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

うどんセット

1.jpg



風邪っぽかったのですが外でお昼を食べる必要があって
なんとなく「うどん」モードだったので
珍しくひとりで五道口の寿司道场(寿司道場)に行きました。
http://www.dianping.com/shop/6148589

お粥というチョイスもあったのでしょうが
中華の店だとどうしても油っぽい臭いがするし、にぎやかすぎて・・・💦

ここはやっぱり日本料理店というのが正解でしょう〰


うどんは二種類
天ぷらうどんとカレーうどんしかないというのは
まぁ中国人の好みからして仕方ないかもしれません。
きつねうどんとかおかめうどんってのは、さすがに売れなさそうだし・・・


天ぷらうどんを頼もうとしたら店員さんが
「セットメニューも同じ値段だから絶対そっちの方が得。
食べきれなければお持ち帰りできるから💡」
と勧めてくれたので注文したのが上の写真です

うどん、ご飯、茶碗蒸し、サラダ、天ぷら、味噌汁、漬物
これで38元(約646円?)
北京の日本料理の中では安い部類だと思われます。

天ぷらはエビ、シイタケ、ナス、かぼちゃ、春菊各一個ずつ。
軽くサクサクと揚がっていました

茶碗蒸しは小さいですが銀杏も入っていたし
カニカマもつなぎの少ない上等のものでした。

味噌汁はサバ缶。


セット料理の組み立て方に少々バラバラ感がありますが
ひとつひとつは充分納得できる日本の味

うどんのだしは関西風で美味しかったです


1元(約17円?)のお持ち帰り容器にご飯と天ぷらを詰めて
家に帰って夕食はミニ天丼〜

味のブレが少ないし
サービスもまぁまぁだし
ありがたい店だと思います。











posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする