2018年03月03日

スキンケア用品

7.JPG



2013年に北京に来たときは
(それまで何度か旅行では来たことがあったけれど)
普段の生活に必要な商品がどれだけ手に入るのか
さっぱりわかりませんでした。

まぁ香港でお世話になったドラッグストアの屈臣氏(ワトソンズ)があるから
なんとかなるだろう・・・程度の認識で💨


それでも
だんだん生活に慣れてくるにしたがって
一時帰国した際に買い込むものが減ってきました。

薬類はやっぱりある程度日本で買ってくる必要がありますが
食品なら、
手に入りにくい調味料類さえ買って来ればなんとかなるとわかってきたし・・・

一番減ったのがスキンケア関係かもしれません。
(もともと大した数を使ってはいませんでしたが)

ハンドクリームやボディローションなどは
中国で売っている安めのものでも大概問題ないし

ブランドの高級コスメは別としても
屈臣氏(ワトソンズ)に行けば
外資のチープコスメも結構売っています


5.jpg



わたしの必需品、凡士林(ヴァセリン)です💡

右の日本で買ってきたのが無くなったので
屈臣氏(ワトソンズ)で買いました。

日本のよりちょっとだけ大きくて確か18元(約306円?)ですから
値段もほぼ同じですね〜


6.jpg



拭き取り洗顔用の化粧水も
ちょっとお高いビオデルマだけじゃなくて
その半額くらいでメイベリンも売っていたりします

使い心地は変わらないし
匂いがわたし的にはメイベリンの方が好みかな〰


屈臣氏(ワトソンズ)は香港のと違って薬が置いてないとか
やたら売り込みが激しい店員がいるとか
多少の問題はありますが

街のあちこちにあって便利だし
ありがたい存在です










posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(4) | 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

お肌乾燥の季節

7.JPG



暖气(集中暖房)が始まる少し前くらいから
湿度が一気に下がってきました。

夜に洗濯物を干して寝ても
朝にはカラカラに乾いて、部屋の湿度も30%くらいまで落ちていたり


まぁ北京では年中必要ですが
この季節は特に、ボディローションとハンドクリームは欠かせません。

最初のころはいろいろこだわってみたけれど
消費量が半端ないので
最近は安い中で妥協できる製品を探すことにしています💡


これは爱茜玛(Thelma)という、たぶん中国のメーカーの
ボディローションとハンドクリームです。
確かボディローションが250円くらい
ハンドクリームが80円くらいと、結構お買い得です。

品質も、ひどい荒れには物足りないですが
普段使いなら充分役に立ちます。

パッケージも可愛いし・・・


8.jpg



ハンドクリームは数で勝負
の部分もあるので
安いのを見つけると買うようにしています。

これはまだ使っていないので使用感はわかりませんが
2本で100円程度と超お得ですね


10元ショップのメイソウに行くと可愛いハンドクリームがたくさん売っていますが
170円くらいするしなぁ・・・💨

と、オバサンは財布のひもを固くするのでした〰









posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

Lusshin

1.JPG



タイ人の友達からマンゴスチンの石鹸をもらいました

彼女の実家が作って売っている石鹸で
他にもパパイヤとかキュウリとかジャスミンライスとかいろいろあるそうです。

国外にも販路を広げるためにネットショップを開設したいのだけど
日本語版を作ってほしいと言われて手伝いましたが
サイトはまだ作っている最中のようで見られません・・・
(だから価格も不明です💨)

Lusshin(丽兴)
http://www.lusshin.com/


エッセンスだけを使っているのでフルーツの香りはしませんが
泡立ちがとてもよくて滑らかです

マンゴスチンの石鹸は抗菌作用と毛穴を引き締める効果があると
わたしが訳した部分に書いてありました。


ところで、ふとタイから連想したので
「ドリアンのソープは無いの⁉」
と聞いてみたのですが、さすがに無いようでした・・・

まぁ、あまりフルーツ本体の香りのしない石鹸とはいえ
入浴中に全身からドリアンっぽい香りがしたら、やっぱり嫌だな・・・


ともあれ
早くオフィシャルサイトが見られるようになったらいいな〜


現在、北京に来ているアジアの留学生の中では
多分一番多いのが韓国人ですが
タイ人とインドネシア人もかなり多いという印象があります。

タイとインドネシアは仕事のために中国語を学びたいという学生が多く
大半が華僑なのも特徴ですね。
両親の影響で留学先を中国に決めたという感じかな・・・

南アジアの学生は明るくて大らかな子が多いのでクラスがほっこりします

南アジア以外で多いのはロシアや「スタン」のつく(もしくはついていた)国々ですかね。

日本人は年々減って来ている感じです💦













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(6) | 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

制汗剤

1.JPG



中国でもスーパーやドラッグストアに行けば
普通に制汗剤は売っています。

だからわざわざ日本から持ってこなくてもいいかなグッド(上向き矢印)
と思っていたのですが、
やっぱり持って来ようと思いなおしました・・・


まず第一に、無香料のが無いexclamation

個人的な好みではありますが、
オードトワレなどを使う時は無香料の制汗剤の方がやっぱりいいと思うし。


だけど、中国には無香料のが売っていないパンチ

制汗剤に限らず、消臭剤や消臭スプレー系も全部香りがついています。

これは、
香りが無いのは、中国人的に物足りない感じがするからなのか、

それとも
うちの臭いは無香料じゃカバーできないのよっあせあせ(飛び散る汗)
だからなのかは不明ですが・・・


というわけで、
消臭系製品もいつも日本から持ってきます飛行機


もう一つの理由は、
特に右側のスプレータイプなんですが、
長期連続使用すると、湿疹が出てくるー(長音記号1)

元々たまに化粧品でかぶれることがあるので、その類と思います。

とりあえずもったいないので、
連続でなく、交互に使って、終わらせる予定です。


そして左側のロールオンタイプ、
日本のロールオンタイプと比べて、ボールの部分がすぐにくっついて回らなくなるダッシュ(走り出すさま)


う〜ん、
やっぱり帰国したらまとめ買いしよう・・・












posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

自分で散髪

8.JPG



今までは学期中は、髪は伸ばしっぱなしで、
休みに帰国したときに切っていましたが、
それも伸びてくると色々面倒だし、

だけど、
中国の美容院に行く度胸はまだ無いし、
ちゃんとしたところだと、日本くらいの値段するらしいし・・・あせあせ(飛び散る汗)


というわけで、自分でちょこっと切ってみましたひらめき


どのみち、全体にゆるくパーマをかけているので、
多少凸凹に切ったところでさほど目立ちませんグッド(上向き矢印)



まず、ビニールのレインコートを着て、首にラップを巻いて準備完了。
幸い床はコンクリートタイルなので掃除も簡単でするんるん

写真は、100円ショップで買ったすきばさみです。

まずは髪を濡らして、
これで下の方を大雑把にザクザクとすいて軽くします。

後は普通のはさみで、少しずつすそを切るだけ。


最初なので、控えめに2〜3センチほど切って、
そのあとシャワーで髪を洗ってお終い手(チョキ)


昼間30度くらいまで上がるようになって、
首筋にかかる髪の毛が暑苦しく感じていたので、
少し切っただけですが、すっきり涼しくなりました晴れ

見た目もさほど問題ないし、
このくらいなら自分でも出来そうです揺れるハート


ずっと自分で切るわけにはいきませんが、
夏休みまでの当座しのぎとしては充分でしょう。











posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする