2017年06月22日

居留許可(ビザ)と賃貸更新と

1.JPG



今通っているBC学院のある五道口の华清商务会馆(華清商務会館)ビルには
たくさんのテナントが入っています

いろいろな学校が集中するエリアで留学生も多いので
中国語学校やその他の語学学校がいくつも入っています。

おや、左下には公文の教室もありますね〜💡


2.JPG



外国人向けの中国語教室としては
地球村とBC学院が規模が大きいです。

エレベーターの前に案内パネルも出ています。

BC学院のHP
http://www.bcmandarinschool.com/jp/


居留許可(いわゆるビザ)の期限が近づいていたので
5月の初めに授業をさらに一年契約して、
居留許可をとってもらう手続きをお願いしました。

BC学院では、一年ではなく11ヶ月の居留許可になります。

その間、パスポートを預けなければならないので、
出国どころか、北京から出る事も出来なくなります・・・
普段の生活では、パスポートのコピーで大体なんとかなりますが💨


時を同じくして、6月には今のアパートの賃貸契約が切れるので
担当者に延長の打診をしていました。
これが4月末。



何度催促しても一向に具体的な返事が来ない・・・
親切で明るいいい人なんですけどね〜、中国あるある💦



6月になってやっと賃貸契約更新の内容が来ました。
ところが毎回家賃の計算が間違っていて、三回目にしてようやく正確な額が・・・
まぁ、どんどん下がったからいいんですけどね💨

家賃は前と同じ額・・・これは北京では割と珍しくてラッキーかも



更新の家賃の振り込み方法を聞いても、二転三転してらちが明かず・・・



居留許可(ビザ)の延長のために預けたパスポートも
一ヶ月過ぎてるのにまだ戻って来ない〰



不動産会社の担当者からやっと振り込み方法の連絡があったけど
「明後日までに振り込まないと間に合わないからね〜」って。

そんなバタバタにならないように、随分早くから催促していたのに
結局こうなるお約束ってわけで。



幸い、中国の銀行は土日も開いているので振り込みに行くが
多額の場合はパスポートが必要と言われて・・・
でも、パスポートはまだ戻って来てない



銀行の人が親切で、着金が一日遅れるけど機械振り込みならパスポートなしで出来ると
わたしの代わりに不動産会社に連絡してくれて、それでO.K.ということに



無事に振り込みが済み、アパートの更新も出来たのだけれど
部屋の電子錠が更新の際にバグで機能しなくなってしまい
部屋から締め出されて、修理のおじさんを呼んで滑った転んだ・・・



暫定パスワードを発行してもらってなんとか部屋に入り
電子錠のバグは翌日解決。



やっと居留許可(ビザ)の延長手続きが済んでパスポートが戻って来る。
預けてからほぼ40日かかったなぁ



居留許可(ビザ)の番号も、アパートの契約書も変わったので
管轄の公安局に、外国人住所登録をしに行く

今ここまで。


この先何も起こらなければ、さし当たってのやるべきことは多分終わりかなぁ・・・

後出しじゃんけんじゃないけど
ひとつクリアしないと、次のステップというか問題が見えないのが悩ましいところです。


来年もう一年延長することになったら
今度は部屋の更新と居留許可(ビザ)の延長は時期がずれるので
(アパートは一年、ビザは11ヶ月だから)
ここまでバタバタにはならないと思いますが

そうなると今度は、二回公安局に行かなきゃいけないのかなぁ〜。

まぁ、だいぶ慣れてきたので
怒るよりは、笑ってスルーできるようにはなってきましたけどね。








posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 手続き色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

海外旅行保険

3.JPG



留学して驚いたことのひとつに
海外旅行保険に加入せずに来ている学生が意外といることがあります。

短期留学ならクレジットカードについている保険でもある程度はカバーできますが
長期だとカバーしきれない期間の万一が心配です💦

また、学校によっては現地の保険に強制加入させるところもありますが
使った人の話によると、どうも使い勝手が悪いらしいです(未確認情報)。


これに対して長期の海外旅行保険に入っていると
日本語対応の外国人向け医療機関がキャッシュレスで診てくれるので安心です。
こういう医療機関は設備や薬も(たぶん)それなりのものを使っていると思うので
そう考えるとありがたいですね

頭痛や風邪、ちょっとした怪我などでも
キャッシュレスで診察して薬を出してくれるので
下手な薬局に行くより安上がりで(なんせタダだし)効果が高いという考え方もできるでしょう。


また、在外投票制度に登録して日本の住民票を抜いている場合は
国民健康保険にも加入できないのですが
一時帰国中(たいていは30日以内)の日本での病気や怪我でも支払われますから
こっちも大丈夫

日本の国民健康保険料と比較して考えると
自己負担ゼロでもあり、これは思うほど高くは無いのかもしれません。


とはいえ海外旅行保険の保険料も年々高くなって
最近では一年で20万円くらいかかってしまうようになりました・・・

そこで今回帰国中にあちこち調べてたどり着いたのがあいおいニッセイ同和損保でした


4.JPG



従来の海外旅行保険は「傷害死亡・後遺障害」を基本として
それに他の保障を足していく形なので
どうやっても「傷害死亡・後遺障害」を外すことはできません。

それに、「傷害死亡」はそれほど高くなくてもいいんだけれど
「後遺障害」が心配だからここは厚くかけたい・・・と思っても
ひとつの項目としてまとめられているので、これも無理💨

結果、保険料が高くなってしまうのは避けられませんでした。


それがあいおいニッセイ同和損保を始めとする数社では
「傷害死亡」と「後遺障害」を切り離して
しかも「傷害死亡」の保険金をゼロ‼に出来るフリープランがある事を発見したのです。

他の会社にも問い合わせてみましたが
まだこういったプランが作れない会社もあるので、要問合せですね〜

「傷害死亡」保険金ゼロのフリープランにしても
各社で規定やシステムが違うようなので
自分の望む形に一番近いプランを提供してくれる会社を見つけられるといいですね。


というわけで、わたしはあいおいニッセイ同和損保で申し込みました。
去年とほぼ同じ(いやちょっといいプラン?)で
去年より2万円以上安くなりました

こういうものも惰性で継続するのではなく
常に疑問を持って探求することは大切ですね〜


これで北京の冬もまた安心して風邪が引けます⁉













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(6) | 手続き色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

臨時住宿登記

1.JPG



さて、北京に戻ってからもやることがいっぱいあります。

まず第一は臨時住宿登記(临时住宿登记)です。

中国に滞在する外国人は到着後24時間以内にこれを登録しないと罰金になってしまいます💦
ホテルや学校の寮はチェックインしたら先方が自動的に手続きしてくれるので心配いりませんが
友人の家に泊まったり、下宿や賃貸の人は自分でやらなければなりません。


上の写真は北京航空航天大学の寮で手続きしてもらった
臨時住宿登記表(临时住宿登记表)です
ホテルや寮ではこういう手書きの物も多いですね。

ちなみに北京航空航天大学では
ビザの延長をした場合など記載の内容が変わったときは
自分から事務所に行って
新しい臨時住宿登記表(临时住宿登记表)をもらわねばなりませんでした。


2.JPG



で、これからは賃貸アパート暮らしなので
臨時住宿登記(临时住宿登记)も自分の仕事になります〰

警察(公安)に行って手続きするのですが、
場所が決まっていてどこでもいいわけではありません。
契約の時に大家さんや不動産会社に聞くと教えてくれます。


必要書類は

不動産権利証(房产证)のコピー
大家さんの身分証明書(身份证)のコピー
賃貸契約書(租赁合同证件)のコピー
⤴これらは大家さんか不動産会社の人が用意してくれます。

この他に
パスポート入境スタンプのページのコピー
ビザのページのコピー(二枚)
パスポートの写真のページのコピー

これだけ用意して行くわけですが
実は各地区の警察(公安)によって違ったりしてまちまちです。
わたしは同じ場所なのに窓口の担当者によって違った👊


手続き自体は(中国語力もあまり必要ないし)わりと簡単でそんなに時間もかからないのですが
まず土日祝はやっていないし
窓口が開いている時間も限られているし(昼休みが長いので午後は二時からとか)
行ったら窓口の担当者が休みで「明日来い」と言われたり・・・

何時からとか、いつが休みとか、サイトで案内しているわけでもないので
とりあえず行ってみるしかありません。
管轄の警察(公安)が家から遠かったりしたらちょっと悲劇です・・・

これを見たら
日本の「お役所仕事」なんて可愛いもんだと思えて来ますね〜


そしてさらにやっかいなのは
休暇などで一時帰国したら、そのたびにこの手続きを繰り返さなければならない事です💨

幸いしばらくは帰国しませんが
半年後には同じことをまたやらねばならないわけで、面倒ですね・・・













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 手続き色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする