2017年05月17日

学食の臨時カード

1.JPG



北京語言大学の学生ではもうありませんが
五道口で手軽に安い昼ご飯を食べる必要性から
語言大学の学食によく行くようになりました💡

学食の一階と二階は学生カードでないと食べられませんが
三階なら現金、微信支付や支付宝といったおサイフケータイでの支払いもできます。

でもいちいちその場で財布やスマホを出すのも面倒・・・

というわけで临时卡(臨時カード)を作ることにしました。

临时卡(臨時カード)は、学食の二階と三階にある
カードに充值(チャージ)する窓口で作ることが出来ます。

デポジットが20元(約330円?)なので
100元(約1,650円?)出せば80元チャージされるわけです

カードを作るのに身分証明書とか何も必要ないので
とても簡単に誰でもすぐにもらえます


2.JPG



裏を見たら色々注意事項が書いてありましたが、
有効期限が6ヶ月らしいです・・・

ってことは、半年後にはもう一回作り直すことになるのかな⁉

まぁ、少なくともこれで当分は
カードをかざすだけでお手軽に支払いができるし便利になりました。


3.JPG



この前、めずらしく学食の三階に人が少なかったので撮ってみました

三階はいくつもの店がブースの形で出店していて
支払いはそれぞれの店でやることになります。

フードコートみたいな感じですかね〜

麺類、丼物、炒飯、水餃子、鍋物、プレートランチ・・・色々あって迷います

最近改装があって、いくつかの店が撤退したので
今は店の数がちょっと少ないです💦

早くもっとたくさんの店から選べるようになったらいいのにな〰


そういえば、いくつか謎のメニューもありましたね。
韓国冷麺と朝鮮冷麺・・・どこが違うんだ⁉
とか
韓国チキン、台湾チキン、日本チキン、アラブチキン・・・
全部並べて試食してみたい気もしますが、地雷臭しかしないかも













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(6) | 北京語言大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

国の名前

3.JPG



北京語言大学で桜を見ようと中庭に行ってみました

中庭には留学生の出身国を埋め込んだ壁があって
卒業シーズンにはよく学生たちが写真を撮っています📷


今回ゆっくりひとつひとつ見ていたら、色々と面白い国名を発見しました💡


4.JPG



危地马拉(グアテマラ)

そんなに険な域なのかっ

いくら音を当て字しているからといって
もうちょっと他の文字を選ぶことも出来たと思うんですけどねぇ・・・


5.JPG



汤加(トンガ)

スープかお湯を加えたみたいな
悪くは無いけど、妙に美味しそうな名前です・・・💦


6.JPG



萨摩亚(サモア)

サモアなんだけど、サモアなんだけど
日本人には「薩摩(さつま)」としか読めません〰

いつの間に鹿児島県が独立したんだっ👊
って感じですねぇ。


中国語で外国の地名や人名を当て字する時は当然漢字を使うのですが
日本人の感覚だと「⁉」みたいな字のチョイスがあったりするのが面白いです。

でも逆に中国人から言わせると
アメリカ合衆国は日本語だと「国」だけど中国語だと「国」
ドイツは日本語だと「国」だけど中国語だと「国」だから
日本語表記だとなんだか可哀想・・・という意見も。

なるほど
「米」より「美」、「独」より「徳」の方が確かにチョイスとしてきれいですねぇ・・・
発音の問題があるからこうなったのではあるでしょうけれど💨












posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(6) | 北京語言大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

北京語言大学のカフェ

1.JPG



暖かくなってきたので、北京語言大学のカフェに行ってみました

北京語言大学にはたくさんカフェがありますが
校内の小さなスーパーの近くにあるカフェはちょっと入口がわかりにくいかも・・・

美容室の隣のドアを開けると地下へ降りる階段があります💡


時間帯によって混んだり人が全然いなかったりしますが
人が少なければ結構落ち着いて長居できて悪くないです。


今回気が付いたのですが
冷蔵ボックスが「午後の紅茶」と日本のものですね〜

中国でも午後の紅茶は売っていますが、「午后红茶」と書きますので・・・


2.JPG



ここは飲み物も食べ物も色々とメニューがありますが
暖かくなってきて飲みたくなるのはスムージーです

その場で作ってくれるので、季節のフルーツしかありません。
案の定、マンゴーを頼んだら「まだ季節じゃなくて入荷していない」と言われました。
というわけでイチゴのスムージーを注文しました。

薄味でさらっとしたタイプなので、夏場が一番美味しく感じますね


手作りっぽいケーキもあります。
これはチョコレートケーキですが
みっしり&ねっとりで、ほとんどブラウニーのような感じ。
少し温めて食べるととても美味しいです

店員さんは少し英語が喋れるし
メニューも味も中国離れして感じで
こういうものがキャンパス内にあるのは
さすが留学生の多い北京語言大学だと思います


もっと暖かくなって来たら、スムージーを持ち出して中庭のベンチでいただくのもいいですね〰











posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(6) | 北京語言大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

学食が使えた!

3.JPG



BC学院で午前中授業を受けた後の昼食、
近くて安くてできれば美味しい・・・というところを色々探していたのですが

なんと北京語言大学の学食の三階で現金や微信支付,支付宝といった
おサイフケータイが使えるようになったとは知りませんでした
http://beijingvivian.seesaa.net/article/354411261.html

わたしのいた2013〜2014年ころは使えなかったはずですが、これはありがたい


というわけで早速、酸辣米线(辛くて酸っぱい味の米で作った麺)です

石鍋のなかでグラグラ煮えていて、お味もなかなかです
これで8元(約136円?)というのだから、やっぱり学食はありがたい〰

唯一の問題は、グラグラの鍋から出た湯気の臭いが服にしみついてしまうことかな・・・



4.JPG



炒飯類も8〜12元(約136〜204円?)です


しかしこのキムチ炒飯8元は・・・💨

中国のキムチ味の食品には、なぜか妙に甘いものがあります。
キムチ味のポテトチップスも、妙に甘かったし。

このキムチ炒飯もなぜか甘い・・・💦

どうしてこうなったっ👊


5.JPG



これはお友達が注文したワンプレートランチ、たしか15元(約255円?)
主菜はイカのリングフライ、なかなか美味しそうです


6.JPG



水餃子は20個で12元(約204円?)

正直、北京航空航天大学学食の水餃子には及ばない感じではありますが
それでも充分いけます


まぁ学食ですから味はそれほどではないし、
昼時は学生でごったがえしてうるさいですが、
豊富なメニューを格安で食べられるのはとてもありがたいので
これからもちょくちょく行きたいと思います🎶












posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(8) | 北京語言大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

結業式

北京航空航天大学の寮に引っ越します。

すぐにネット環境が整うかどうか不明ですので、
数日更新をお休みするかもしれませんー(長音記号1)

よろしくお願いしますひらめき



1.JPG



さて、卒業式です。

正確には、単位を取っていないので結業式(结业式)ですが・・・


一応ホールに集まって、クラスの班長が全員分の証書を受け取ったりしましたグッド(上向き矢印)


でもここがまた中国らしいと言えば中国らしいところで、

当日、指定の時刻に前もって知らされていた事務室に行ったら、
誰も居ないし、事務室には鍵がかかってるどんっ(衝撃)

慌ててクラスメイトに電話したら、
「ホールで式典やるからって急に言われてみんなそっちに来てるよ携帯電話
と言われて、わけもわからず移動して・・・


結局、正式なアナウンスはやっぱり無くて、
みんなどこからか口コミで聞いて集まったみたいです。


中国で覚えたことのひとつが、
友達って大事だなぁ・・・だったりします。

情報のかなりの部分は、周りの人からの口コミだったりしますからパンチ


2.JPG



結業証書、成績表、簡単な記念写真集、それからお約束の皆勤賞ぴかぴか(新しい)

前の学期に一番点数の悪かった必修のヒアリングが、今回も一番点数が悪くて、
これは新学期からの重点課題ですね〜あせあせ(飛び散る汗)


3.JPG



大学の紙袋に入っていたのは、
先日の文化発表会を撮影したDVDと、大学のTシャツ。

スクールカラーが緑なので仕方ないですが、
この強烈な緑地に黄色で「北京語言大学」って、
もらえてうれしいけれど、表では着られないたらーっ(汗)


右上は皆勤賞の商品の、例のカード型USB、またもらっちゃいました手(チョキ)



まだ何度も来ることはあるでしょうが、一応これでおしまい。

さすがに十五ヶ月もいると情が移るというか、
母校という感覚を持つようになってきました。

でも、新しく行く北京航空航天大学の広さときれいさにも惚れたので、
少しだけセンチになりながらも、これからが楽しみです揺れるハート






posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(8) | 北京語言大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする