2017年08月13日

北京の地下鉄駅

1雍和宫.JPG



看板の写真をアップしていて思い出しました。
一年以上ずっと、折に触れて地下鉄ホームの写真を撮っていたんだ・・・💡

というわけで、溜っていたのを放出しようと思います〰


まず2号線の雍和宫駅。
1号線、2号線は古い時代に作られたので、全体的に質素です。

そんな中で、普通の蛍光灯を工夫して並べることで
それなりの華やかさを演出しているところがとても面白いです


2雍和宫 5号线.JPG



雍和宫は乗換駅で、こちらは5号線側のホームです。

北京の地下鉄駅はたくさんあれど
階段がこんな風になっている所は少ないのでは⁉

さすが雍正帝の旧居、今はラマ教寺院のある駅です


3建国门.JPG



やっぱり質素な1号線の建国门駅です。

でも重厚な柱と八角形の蛍光灯に努力の跡を感じます
いかに少ない予算できれいに飾るか・・・

1号線ってホームにエアコンが効いてないから
夏場は辛いんですよね〜


4二号線建国門.JPG



同じく建国门の2号線側のホームの天井照明。

ただの蛍光灯だけど、がんばってますね〜


5五号线东单.JPG



特に特徴も無い、5号線の东单駅なのですが
いつもこの正面上にデカデカと書かれた乗換案内に目が釘付けになってしまいます💦
これなら見落とす心配も無さそう・・・

よく見ると、鴨居というか天井の端というかの部分にも
紅い矢印がいくつも並んで・・・

おそらく、1号線へ乗り換える人がものすごくたくさんいるのと、
ラッシュ時の混雑が半端なくて上しか見えない状態なんでしょうねぇ


6六道口.JPG



ガラッと変わって、15号線の六道口駅。

新しい駅だからというのもあるでしょうが
ここまでお洒落な駅もまた珍しいかもしれません


7顺义.JPG



同じく15号線の顺义駅。

同じ15号線でも、六道口とは打って変わって中国風です

凝ったデザインでは無いですが
シンプルモダンなチャイニーズ風というのも
悪くないですね


次回は、残り半分の写真を放出します










posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 中国あちこち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駅って普通、乗り物乗る・・人が多い・・ただそれだけの場所のように思えるけど、中国だと何かツッコミどころありそうに感じてしまうんですよね〜!?(笑)
Posted by ふーり at 2017年08月14日 00:21
ふーり様
旧ソ連ほどではないですが
こういう国の地下鉄って
ただの交通機関というだけではない何かを感じますねw
Posted by vivian at 2017年08月14日 09:24
北京の地下鉄って 新しいのと古いのとの差が激しいですよね。とにかく 乗換が遠くて面倒だけど。(笑)
それと、、、エスカレーターを完備して欲しい。
Posted by も at 2017年08月14日 17:00
「も」の字様
そう、ボロいのは心底ボロい…(苦笑)
乗り換えが遠いのは、ひょっとしたら
その地下を通ってはいけない施設がいっぱいあるからかも、
なんて思っちゃったりもしますw
エスカレータの完備もだけど、エレベータを隠すように配置するのも止めてほしい〜。
Posted by vivian at 2017年08月14日 17:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]