2017年08月01日

写真はイメージです

1.JPG



5月の端午節の時に買った真空パックの粽
保存食として取ってありましたが
やっと最近になってひとつ食べました
http://beijingvivian.seesaa.net/article/450129692.html


やっぱり最初はあのジャイアントコーンみたいなのでしょう

この写真のインパクトはなかなかです


2.JPG



真空のパックから取り出して、鍋で15分ほど煮ます💡

思ったより小ぶりだったかな・・・
比較のためにパッケージを横に置いてみました。

さすがに上部のデコレーションまでは無かったけれど
具の量はしっかりあったし
全体的にはほぼ写真通りと言ってもいいかもしれません。


食べてみると
小豆、黒豆、ロンガン、蓮の実、ナツメなどなど・・・ということですが
全体的にはお赤飯に近いもっちりした感じです。

ほんのり甘くて、食べ応えもあって
色々入っているので楽しいし
おいしくいただきました〜

毎年、粽のレベルも上がっているみたいですね〰









posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デザートのようなゴハン?ゴハンのようなデザート?(^^)
Posted by ふーり at 2017年08月01日 13:14
ふーり様
多少具は違いますが
味的にはお赤飯にかなり近いですよ。
うっすら甘みのあるもちもちご飯♪
Posted by vivian at 2017年08月01日 13:24
こういうのは 日本には無いですよね。
レンジでチンのご飯は凄い売れてるらしいですけどね。
個人的には粽が好きなので 食べてみたいな。
Posted by も at 2017年08月01日 23:59
「も」の字様
日本の「中華粽」は冷凍が主流ですかね?
こちらも冷凍粽は多いですが
冷凍庫が無い家庭やアパートもあるので
真空パックはまだまだ廃れそうにないですw
Posted by vivian at 2017年08月02日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]