2017年05月17日

学食の臨時カード

1.JPG



北京語言大学の学生ではもうありませんが
五道口で手軽に安い昼ご飯を食べる必要性から
語言大学の学食によく行くようになりました💡

学食の一階と二階は学生カードでないと食べられませんが
三階なら現金、微信支付や支付宝といったおサイフケータイでの支払いもできます。

でもいちいちその場で財布やスマホを出すのも面倒・・・

というわけで临时卡(臨時カード)を作ることにしました。

临时卡(臨時カード)は、学食の二階と三階にある
カードに充值(チャージ)する窓口で作ることが出来ます。

デポジットが20元(約330円?)なので
100元(約1,650円?)出せば80元チャージされるわけです

カードを作るのに身分証明書とか何も必要ないので
とても簡単に誰でもすぐにもらえます


2.JPG



裏を見たら色々注意事項が書いてありましたが、
有効期限が6ヶ月らしいです・・・

ってことは、半年後にはもう一回作り直すことになるのかな⁉

まぁ、少なくともこれで当分は
カードをかざすだけでお手軽に支払いができるし便利になりました。


3.JPG



この前、めずらしく学食の三階に人が少なかったので撮ってみました

三階はいくつもの店がブースの形で出店していて
支払いはそれぞれの店でやることになります。

フードコートみたいな感じですかね〜

麺類、丼物、炒飯、水餃子、鍋物、プレートランチ・・・色々あって迷います

最近改装があって、いくつかの店が撤退したので
今は店の数がちょっと少ないです💦

早くもっとたくさんの店から選べるようになったらいいのにな〰


そういえば、いくつか謎のメニューもありましたね。
韓国冷麺と朝鮮冷麺・・・どこが違うんだ⁉
とか
韓国チキン、台湾チキン、日本チキン、アラブチキン・・・
全部並べて試食してみたい気もしますが、地雷臭しかしないかも













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(6) | 北京語言大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなに沢山の店があるんですねぇ。いいな。

冷麺ですが、朝鮮のは、日本で言うスープの入った冷麺で韓国のは、赤い汁無しのヤツです。
から揚げも国によって味付けや調理方が違うのですよ。まあ ホントに合ってるかどうかは知りませんけど。(笑)
Posted by も at 2017年05月17日 13:39
「も」の字様
大学の学食は、味はさほどでもないですが、安くて色々あるのでとてもありがたい存在です♪
まぁ中国の学食ですから、各国料理と言っても
ウィンナ―コーヒーにソーセージが入ってるくらいの精度でしょうね…(苦笑)
Posted by vivian at 2017年05月17日 16:02
中国って進んでるのか遅れてるのか進んでるのか・・(笑)よくわからなくなる時があります〜。
Posted by ふーり at 2017年05月18日 02:01
ふーり様
進化の段階や順序が日本のと違うから
あれがあるのに、これがないの?
みたいな感じってありますよねw
Posted by vivian at 2017年05月18日 07:20
はじめまして。1991年に北京語言学院に
短期留学していた者です。
四半世紀ぶりに北京に遊びに行くことに
なったので久しぶりに語言大学の学食で
食べてみたいなぁ…。と思っているので
すが、ずいぶん様変わりしたようで情報
を集めていたら、このblogに辿り付きま
した。3階に行けばビジターでも食べら
れるんですね。当時は1階建だったので
知らずに行けば、諦めて帰ってしまった
かも知れませんでした。
とても、ありがたい情報でした。
Posted by ぼくもオジサン at 2017年06月24日 16:17
ぼくもオジサン様
ようこそです♪
お役に立ててよかったです。
夏休み期間中だと、学食が一部閉鎖される可能性もあるので、ご注意ください。
学食は昔は一階建てだったのですね。
今のは同じ場所かどうかわかりませんが
とりあえず南門から入って十字路の手前左側のビルです。
久しぶりの北京、楽しんでください。
Posted by vivian at 2017年06月24日 16:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]