2017年05月14日

硬水は面倒

1.JPG



中国の水道水は硬度が高いので生水で飲むとお腹を壊しやすいです。
衛生的に問題があるというわけではない・・・はずです、一応は💦

基本的には沸騰させて硬度を下げれば大丈夫ですが
この時に鍋やヤカンの底にミネラル分が白く沈殿して
これが洗ったくらいでは落ちない・・・


というわけで水垢除去剤の登場となります

スーパーで普通に売っていて高くない
硬水の国ならではの生活必需品ですね。


調理器具もそうですが、実はシャワーヘッドの目詰まりもこれで解消できます

中国のシャワーヘッドは
水道水のミネラル分で詰まりやすいのが悩みですね〰


2.JPG



先日スーパーに行ったらいつも買っている液体の水垢除去剤が無くて
仕方なく粉末タイプ(初めて見た)を買いました。

電気ケトルやウォーターサーバーに使えるようです💡


3.JPG



いつも思うのは、液体でも粉末でもそうですが
どれだけの量の水に溶かすのかとか、放置時間はどのくらいなのかとか
わりと曖昧だということです。

これは一応「1時間」と書いてありますが、文章の方では「数時間」と書いてある部分もあるし
水の量に関しては、ケトルやサーバーによって容量が違うだろっ‼と思うんですが・・・


中国の洗浄剤系商品の中には、使用方法が曖昧なものがたまにあります。
以前買った野菜の漬けおき洗浄剤は、放置時間が書いてなかったし・・・💦

友人はウォーターサーバーにこういった水垢除去剤を使ったのですが
使用量が書いてなくて適当にやったら濃すぎたらしく
結局、サーバーを故障させてしまったらしいです・・・

その話を聞いてから
ちょっとドキドキしながら使っています💨


あと、鍋についた白いミネラル分は
酸味の強い料理を作るときれいに溶けて無くなってしまいます。
キムチ鍋とかハヤシライスとか

でも、溶けたミネラル分は結果的に食べてしまうわけで
大丈夫なのかちょっと気になったりしますが・・・
(今のところ何も問題はないですが)


4.JPG



おまけ、中国の粉末クレンザーです

五洁粉とか、それに似た名前で売っています。

あるのかもしれませんが、まだクリームタイプのクレンザーは見たことが無いですね。

っていうか、粉末クレンザーさえ売ってないスーパーも結構あったりして
中国ではあまりクレンザーって使わないんでしょうかね⁉













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
飲めない硬水は 困りますね。
わざわざ沸かさないとけないのは面倒ですね。
水に何らかの薬品を入れると軟水になるとかってのはないのですか?
硬水は 面倒ですねぇ。
Posted by も at 2017年05月14日 18:47
「も」の字様
まぁだからお茶文化が発達したわけでw
軟化剤とかあるのかもしれませんが
そんなのわざわざ買うよりは
ミネラル分を除去して硬度を下げた水が
18リットル200円くらいから売っているので
それを使いますね。
ウォーターサーバーの上にのっかっているあれです♪
Posted by vivian at 2017年05月14日 20:48
ヨーロッパとかと同じ水?
しかし洗剤といえば世界的なニュースから中国製は危険〜という概念が・・・取り扱いにはじゅうぶん注意を(^^)
Posted by ふーり at 2017年05月16日 01:12
ふーり様
そうですね、大陸の水は大体どこもこんな感じではないでしょうか。
ホント、そうでなくても色々心配のあるところですからねぇ…(苦笑)
Posted by vivian at 2017年05月16日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]