2017年07月31日

夏の大気汚染

1.jpg



朝起きてまずすることは、大気汚染のチェック
アメリカ大使館の出しているサイトから見ています。
http://www.stateair.net/web/post/1/1.html

ある朝、開いてみてびっくり。
330、なんだこりゃ〜っ


2.jpg



あわてて、これもいつも並行して見ている中国のサイトをチェックすると
98、なんと三分の一・・・

まぁ基準が違うからかもしれませんが
大体アメリカ大使館の数値よりいつも低めですね。

ここまで開きがあるケースは珍しいですが・・・

一時間後には両方の数値がかなり近づいていたので
あながち補正をかけたというわけでもなさそうですが。


3.JPG



確認のために窓から外を見たら
これはかなりひどい・・・💦


4.JPG



やっぱり300は行っていそうな感じですね〰

大気汚染は冬場の方がひどくて、夏はマシなのですが
これはちょっとキツイです💨

30度を軽く超えているところでマスクをつけるのは拷問です

幸いこの日は外出予定が無かったので、家でおとなしくしていましたが
こんな感じが2〜3日続きましたかねぇ。


公式発表では、北京の大気汚染は年々改善されていると言い
周りの中国人もそう言っていますが
あまり実感が無いのはなぜ⁉


学期の終わりになると
帰国する日本人留学生たちから不用品を色々もらうのですが
定番商品にマスクがあります💡

日本へ持って帰ってもあまり使い道無さそうだし・・・

おかげでほとんどマスクを買わずに済んでいるのは
ありがたいことではあります











posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

江辺城外烤全魚

1.JPG



久しぶりに魚を食べに行ってきました。

五道口Uセンターの江边城外烤全鱼
http://www.dianping.com/shop/18258975

最初に魚を選びます。
グラムで注文できるのですが、調理は一匹からなので、
注文された重量に一番近い大きさの魚という事になります。

だから店員さんが
「それよりちょっと大きかったり小さかったりすることもあります。
この前、『注文したよりちょっぴりだけ重さが足りなかったから払わない‼』
というお客さんがいてモメたので、そこのところはよろしく💦」
と冗談交じりに説明してくれて大笑い〰

それから何種類もあるタレからひとつ味を選び
一緒に焼く野菜なども選びます💡


わたしたちが食べたのは、名前を忘れた大きな淡水魚に
黒胡椒のソース、キクラゲやレンコン、湯葉などを合わせました。

魚は下に火の入った四角い鍋でジュージューいいながら出て来ます。
これを好きなようにつついて食べるわけです

これで一番小さい魚で、1キロちょっとだったかな。
女性三人でちょうどいいくらいです。
だからこの店に行くなら、最低三人はいたほうがいいかな・・・

魚が淡泊なので、黒胡椒のピリ辛がよく合っておいしいです


2.JPG



箸休めは果仁菠菜(ほうれん草とピーナツの和え物)
どこにでもあるお惣菜で、学食にだってありますが
醤油味でクセが無いので、飽きない味ですね〜


3.JPG



そしてピンボケですが・・・これが大ヒット

数量限定の豚肉の炊き込みご飯です

多少脂っこい感じもしますが
ほとんど日本の炊き込みご飯を食べている感じの味で
これがなんと6元(約100円?)というのですからたまりません。
そりゃ、数量限定なわけだ・・・

今度は一人で、このご飯とスープか何かだけで食べようか・・・
なんて考えちゃうくらいでしたね〜


魚が出てくるのが遅くなったので(実際はそんなに遅くない)
お詫びに・・・とお店が酸梅湯をサービスしてくれました。
その他にも通るたびに何かと気を使ってくれて
とてもいい感じのみせでした。

最近はこういう店が増えて来ていますね〰









posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

やっチャイナ!! 聖地巡礼B リベンジ編

1.jpg



昨年放送のアニメ「ユーリ!!! on ICE」に出てきた聖地を巡礼した記事を
暮にアップしたのですが
なにか「積み残し」感というか、引っ掛かる感じがして
ずっとではないですが、折に触れて考えていました・・・

「積み残し」は
結局見つけられなかった、ジ・グァンホン君が饼(餅)を買った店なのですが
何かが引っ掛かる・・・

ここで書いた分ですね〜
やっチャイナ!! 聖地巡礼A
http://beijingvivian.seesaa.net/article/445243986.html


2.jpg



年が明けてからやっと気が付きました(遅いっ)

このおじさんの後ろにあるもの・・・
これ、雑誌じゃない⁉


3.jpg



そう気が付いたら、こっちのシーンの意味もわかってきました。

店の前に大きなパラソル
手前に見えるのは、冷蔵ボックスやテーブルの上にのった丸い深鍋のようなもの・・・


これは「あれ」ではないですか💡

てっきり移動屋台のようなものだと思い込んでいたのですが
これは「あれ」と断定してもよさそうです


そう気が付いてからは
外に出るたびにアニメと同じタイプの「あれ」を探したのですが
これが意外と少ないんですよね〜💦

そうこうするうにち8ヶ月が経過・・・
(どんだけのんびりなんだよ)


そして近頃ついに見つけました

地下鉄望京駅C出口の前です。


4.JPG



そう、これはキオスク。
北京の街のどこにでもあります。

基本構造は
両側に雑誌、カウンター下にアイスや飲み物の冷蔵ボックス
カウンターの上には新聞や雑貨、お菓子など・・・

要は手軽なコンビニみたいなものですね〜


で、たまにこのキオスク
更に前の部分を使って、軽食を販売することがあります。
それがこのタイプ。

写真左奥の方にソーセージを焼くグリルや
ゆでたトウモロコシを入れた白い保温ジャーが見えますね。

そして右手前には夏なので凉皮(冷やし麺)の簡易調理台が。

このちょっとしたキッチンを日差しや雨から守るために、
大きなパラソルが立っています


これですよ、これっ
グァンホン君が買っていた店は


実際には
キオスクを設置する場所の面積や客のニーズによって
こういう軽食を販売するかどうか決まると思うので
やらない店の方が多いんでしょうね〰

で、たまたまアニメのスタッフがロケハンしたときは
首都体育館近辺の路上にこういう店があったのでしょう。

でもこのキオスク
時々お上からのお達しで、移転や閉店させられることもあるようで
わたしが見に行った時には半径数百メートル、一軒もなかったわけです。

そうか、だから思い至らなかったのね〜
(ということにしておく)


写真のキオスクは夏なので凉皮(冷やし麺)を売っていますが
寒くなって来たら、饼(餅)用の鉄板に変わりそう

まぁそんなこんなで
とりあえず自分の中で腑に落ちたというか、決着がついたわけです


ついでに余談ですが
やっチャイナ!! 聖地巡礼@
http://beijingvivian.seesaa.net/article/445231895.html
の中で、新世紀日航飯店を撮影した角度がわからないと書きましたが

こちらの方は
たまたまここに宿泊したお友達からの情報で
どうやらホテルの敷地内(エントランス?)辺りからの眺めのようでした。


以上
遅くて今更でしつこい報告でした〜









posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(6) | 中国あちこち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

IKEAA

6.jpg



実は今回のIKEA行きは
お友達が「IKEAでランチョンマットを作りたい」というので
拙いながら通訳のお手伝いをするためだったのです。

この記事の写真は彼女が撮ったもので
ブログアップの許可をいただきました〜


7.jpg



おそらく日本のIKEAも同じ感じだと思いますが
布地売り場の真ん中に裁断台があって
その上に縫製サービスについてのパネルが表示されています💡

スタッフに、何をどのサイズでどれだけ作りたいかを説明すると
何メートル買えばいいか教えてくれます。
てきぱきとして親切です

30×40センチのランチョンマット(両面使い)を5枚なら2メートル
という具合に・・・

二種類の布を選んでそれぞれ2メートルずつ切ってもらい
値段の伝票といっしょにビニール袋にパッキングしてくれるので
そのままレジに持って行きます。


8.jpg



レジで支払いを済ませて外に出ると、縫製受付カウンターがあります。

写真ではたまたま無人ですが
中のミシンの前には二人が座って絶賛お仕事中。
もう一人がお客の注文を受けるスタイルでした。

ここでもう一回サイズや枚数の確認をしてくれます。
両面タイプのランチョンマットの場合
割増料金になりますが、別々の柄でリバーシブルにもできるそうです

この受付の人も細かいことまで丁寧に教えてくれるし
他のお客が割り込もうとしても制止したりして
立派な仕事っぷりでした


9.jpg



縫製受付カウンターにも値段表があってわかりやすいです

ランチョンマットを始め、他の商品もどれも標準サイズの値段が出ていますが
サイズや様式を変更することは可能です。

ちなみに30×40センチで片面だけのランチョンマットなら一枚4元ですが
今回は両面(リバーシブルではない)だったので
たしか一枚5元(約83円?)の手数料でした。

3〜5日後にまた取りに来なければなりませんが
即日欲しい時は、25%増しで作ってくれるようです。


10.jpg



そして無事に出来上がったランチョンマット

しかし・・・

よくよく見ると、微妙にサイズが違う・・・

まぁこのくらいは誤差の範囲ということで
こんなところに「らしさ」が出て
ちょっぴりホッとしたりしてしまいました。


縫製の際に上手に裁断してくれたらしく
2メートル買ったのにちょっとした余ぎれが出て
これで何かまた作れそう・・・とお友達も喜んでいました

気に入った柄があれば
下手な物を買うよりは安くつきそうだし
そのうち利用してみようかな〰

新しい経験をさせてもらって感謝です‼










posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

IKEA@

1.JPG



久しぶりにIKEAに行ってきました

お昼は特別価格になっていたサーモンのサンドウィッチ、12.5元(約207円?)
パン+パンになってしまうけど
シナモンロールは外せません

サンドウィッチはおいしかったけど、ちょっと塩っぱいかも💦

そういえば昔旅行で
全部では無かったけど、ロシアとかフィンランドの食事の一部が
妙に塩辛かった記憶があります。

日本では北の方は塩分を多く摂る傾向があると聞きますが
世界的にもそうなのかなぁ・・・

ざっくり分けたら日本のやや北側出身のわたしが
塩っぱいと感じたのだから
結構塩分多かったんだと思います、このサンドウィッチ💨


2.JPG



普通のサイズは持っているけど、小さいのが欲しかったビニールバッグ。

可愛い柄のが安くなっていたのでお買い上げ〜


3.JPG



キッチンのミニタオルとゴム手袋も安くなっていました

中国のスーパーではなかなか無い色とデザインなので
セールで出ているとありがたいです。

で、上の黒いのはというと・・・


4.JPG



シリコンの小さな蓋です💡

本来はマグカップなどの上にのせると
滑って落ちないという商品のはずなのですが

カップヌードルにお湯を注いで3分押さえておくのにぴったりでした


5.JPG



IKEAのプラスチックのお椀にものせてみました。

残念ながら微妙に「落とし蓋」状態になってしまいましたが
密封する目的でなければ使えないことも無いので
これはこれでアリかな〰


今回は買い物よりも、ランチ&おしゃべりが主目的だったのですが
平日の午後だったりすると、人もあまり多くなくてゆっくりできますね

聞くところによると
平日のIKEAのレストランは
おじいちゃんおばあちゃんのお見合いの場になっているとか・・・

確かに、料理も安いしドリンク飲み放題だし
ちょっとハイカラだし・・・

う〜ん、いいところに目をつけましたねぇ・・・










posted by vivian at 13:00| 北京 🌁| Comment(4) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする