2017年06月29日

童年

7.JPG



南锣鼓巷の通りの北の方にある童年という店。
http://www.dianping.com/shop/34778622

金の看板の下には
「舌尖上的童年(舌の上の子供時代)」
開いたドアの両側には
「无童年,勿入内(子供じゃない人、入るなかれ)」
と書いてあります


ドアの幅しかない細長くて狭い店の両側には、中国の駄菓子がぎっしり

よりどり5個で10元(約165円?)のから、もうちょっと高いものまで
好きなものを好きなだけカゴに入れて買う事ができます。


8.JPG



適当に面白そうなものを五つ選んで買ってみました💡


9.JPG



裂きイカみたいだけど、桃のドライフルーツです

ちょっと中国風の香料が使ってあるので人を選ぶかもしれませんが
なんともひなびた味わいと、パッケージの渋さがいいですね〜


10.JPG



本当に古い駄菓子から、ここ20年ほどの比較的新しい駄菓子まであります。

これなんか、なんていうか・・・やっぱり出たというか・・・

「R(登録商標)」マークついてるけど、許可はどうなんだろ・・・


中身は桃味のグミですが
これも日本や欧米のグミとはちょっと違った味わいで不思議っぽい💦


この他、上の写真の右側にあったひと口羊羹みたいなのは
本当にひと口羊羹でした。

日本の羊羹とほとんど同じ味で、妙に懐かしくて美味しかったです


うっかり通り過ぎてしまいそうな小さくて目立たない店ですが
次から次へと20代くらいの中国の若い子がやってきて
嬉しそうに選んでは買って行きました。

日本でも
高度成長→バブル→エキゾチックジャパン・・・って感じで
和食や駄菓子やブリキのおもちゃが復権した経緯がありましたが

中国も今、そういう時期に差し掛かっているのかもしれませんね〰









posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

新しくなった南鑼鼓巷に初めて行ってみた

1.JPG



冬頃工事していて、おそらく春節辺りでリニューアルオープンした南锣鼓巷に
遅ればせながら行ってきました

地下鉄8号線の南锣鼓巷駅E出口を出るとすぐ隣に華やかな門があります。


2.JPG



通りに入ってびっくり

以前はてんでバラバラなデザインの店がごちゃごちゃと建っていたのが
一律に「昔風の胡同」っぽい建物で統一されていました。

これなら観光客も喜びそうですね〰

竹下通りが日光江戸村かディズニーランドになった感じ⁉


3.JPG



南锣鼓巷が北京の他の観光地と違うと思う所は
外国人や内地の観光客だけでなく
北京に住んでいる若者にとっての、おしゃれスポットでもあるということでしょう

胡同の建物を改造して
カフェやブティックなどにするスタイルはどんどん増えていますが
南锣鼓巷にある店は、そのなかでもやっぱりある程度成功している店なんでしょうね。

わたしたちのように北京に住んでいる外国人にとっても
意外と安くてヒネリの効いた商品が手に入るので
日本へのお土産を探すのに便利です。


4.JPG



小腹が空いたので、おなじみの文宇奶酪店へ
http://www.dianping.com/shop/513701

南锣鼓巷には二軒あって、これは地下鉄駅に近い小さい店の方です。


5.JPG



看板メニューの双皮奶(牛乳プリン)ばかりでも芸が無いので
今回はフルーツヨーグルトにしてみました。

19元(約314円?)のところ、期間限定セールで14元(約231円?)

たっぷりフルーツが載っていて
暑い日にはこういうさっぱりしたものがいいですね〜


6.JPG



続けてトルネードポテトも買い食い

たしか15元(約248円?)

ここ数年で、北京の繁華街や観光地でよく見られるようになりました。

美味しいけれど、食べにくい・・・
そして、思った以上のボリュームで、最後は飽きる・・・


まぁ、こういうものを食べながらそぞろ歩くのが
今どきの北京っ子らしい南锣鼓巷の楽しみ方なんでしょうね。









posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 中国あちこち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

お粥の缶詰

1.JPG



日本のお粥はレトルトで売っているけど
中国は缶詰で売っています💡

温めて食べるのはどちらも同じですが・・・


白粥とか玉子粥みたいなのは無くて
雑穀や豆の入っているタイプですね。

大体一缶(一食分)で4元(約66円?)前後が多いかな。


2.JPG



温めて丼に移すと、こんな感じ。

これだけだと少しボリュームが足りないので
あまりおなかの空いていない時に食べたり
でなければ、饼や包子みたいな主食を添えたりします

これは小豆のお粥で
小豆の外に、燕麦や色々な豆が入っていて、うっすらと甘いです。

甘みを抑えたぜんざいに、豆がたくさん入っている感じかな〰

まぁ、甘いと言えば甘いですが、かなり控えめなので
食事として食べても、全然問題ありません。
豆や雑穀も入っていて、ヘルシーな気分


缶詰で日持ちするので、買い置きに便利ですね。

唯一残念なのは、
色々な種類があるのに、どれも甘いこと・・・
塩系のお粥が無い・・・

中国なんだから
ピータンの入った少し塩っぱいお粥とかあったら絶対嬉しいのになぁ💦







posted by vivian at 13:00| 北京 ☔| Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする