2017年05月11日

周口店D

1map.jpg



さて、なんだかんだ言いつつも結構楽しくミッションをクリアして
Bの周口店遗址博物馆から、@のバス停に向かいました。


7.JPG



降りたのと道を挟んで向かい側、圣火广场(聖火広場)の前のバス停で
房38のバスを待ちます

北京といえどさすがに郊外
バスの本数は少なくて、多分30〜40分に一本なので
時間に余裕を持っての行動をお勧めします💡


2map.jpg



房38のバスに乗って三駅目、Bの周口店路口で降ります。
来た時と同じ景色なので、わかりやすいですね〜。

しかも降りたBと同じバス停で乗換ですからとっても便利

907以外にも、房31と房15に乗れますが
一番先に来た907に乗ったので、他の二路線のルートや降り場はわかりません💦


3map.jpg



B16駅、30分強乗ったところで地铁苏庄站に着きます。

実際のところ、このころには疲れ果ててウトウトしてしまい
降りそこなったら危ない危ない・・・

地図の左側から交差点に入り、左折してBで停まるので
バスを降りたら来た道を交差点まで戻り、左折すれば地下鉄のA1出口です。

ここから先は地下鉄乗換だけなので、先は長いけれど楽ですね〜


なお、これはあくまで2017年5月の路線とダイヤなので
今後変更があることも充分考えられますので、ご注意ください。


1.JPG



さて、周口店遗址には「北京人」というフリーマガジンが置いてありました

表紙の写真は、博物館の内部です。

月刊だか季刊だか知りませんが、フルカラーで厚みのある上等な雑誌でした。
こんなものが作れるなんて、本当に予算は無尽蔵なんですねぇ・・・


ところでタイトルの「北京人」ですが、これが中国語の「北京原人」のことです。

これに対して、今北京の街に住んでいるいわゆる「北京っ子」のことは
「老北京人」と呼びます。

昔いたのが「北京人」で今いるのが「老北京人」って、
なんか無茶苦茶なんですけど〜


2.JPG



内容は研究報告や活動報告などなど・・・

これ、毎回持って帰ってコレクションする人がいるとも思えないので
記事を使いまわししてもわからないだろうな〰
なんて悪いことを考えてしまいました


3.JPG



これが今回改修中で見られなかった洞窟です


4.JPG



さてこれは・・・「魯迅(ろじん)と房山」という記事です。

あの「阿Q正伝」の魯迅が、なんでいきなりここに⁉
と思ったら
魯迅は実は地質学も学んでいて、
ここ周口店遗址のある房山の鉱物に関しても著作で触れているらしいです。


っていうか、それ自体はまぁ面白い話かもしれないけど
「北京原人」とは何の関係も無いような気が・・・

そこまでしないと、ページが埋まらないのか💨


5.JPG



おまけ・・・こんな展示もありました


で、帰った後でなんとなく1997年の日本映画「北京原人 Who are you?」を見てしまいました。

この映画は「日本の三大珍作映画」との呼び声も高い迷作です
ちなみに他の二本はたぶん「幻の湖」と「シベリア超特急」

いや、確かにこれはすごいです・・・
どうしてこうなった⁉
誰か途中で止めようと言えなかったのか⁉
のオンパレードです。

別の意味で新鮮で面白いとも言えますが〰

とりあえず、直前に見てきた周口店遗址も出てきたので、そこは楽しかったですね















posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(8) | 中国あちこち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする