2017年04月30日

王氏居酒屋

1.JPG



友だちに紹介してもらって、王氏居酒屋 という店に行ってきました
http://www.dianping.com/shop/4675377

なんと王府井のノボテルピースホテルのすぐ裏の路地というすごい立地にある
日本風の居酒屋です。


オーナーの王さんは日本に長年住んでいたことがあり
日本語も堪能で明るく楽しい人です。

入口は通りに面していないので
店の窓から「席ある⁉」とか「どうやって入るの⁉」とか声をかけると
迎えに来てくれます💦


店内は中国のネット通販で買いそろえたという日本のグッズがいっぱいで
昭和の居酒屋そのものという感じです
(広くないので上手く全体像がわかる写真が無くてすみません💨)

昭和三十年代ぐらいの古いラジオとかオープンリールのテープレコーダーとかが飾られて
かかっている曲はテレサ・テン、石川さゆり・・・


2.JPG



メニューもちゃんとした日本料理と、中華料理が少々・・・
ただ、日本料理の中にはちょっとニンニクが強い物がいくつかありましたが。

熱々のコロッケとオクラのおひたし


3.JPG



揚げ出し豆腐


4.JPG



揚げたこ焼き


5.JPG



中国料理の、大根と豚肉の炒め物。


6.JPG



トンカツ


7.JPG



牛肉たっぷりのジャンボ餃子

他にも2〜3品食べたかな


とてもわかりにくい場所なのに
次から次へとお客さんが入ってくるし(大半が中国人)
知る人ぞ知る人気店のようです。

料理はおいしいし、活気はあるし、
なんといってもこういうインテリアなので
北京にいることをすっかり忘れてしまいそうになりました・・・


お値段もさほどでもなく
お酒を抜けば、ひとり100元(約1,650円?)前後でもいけそうです。


場所的に再開発の波に呑まれそうではありますが
ぜひぜひ長く続いて欲しい店ですね〜










posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(6) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

雪梨

1.JPG



北京は梨の種類がたくさんあって、ほぼ一年中何かしらの梨が買えます💡

中でもこの「雪梨」は名前がきれいだし、安いし
酸味が少なくて淡泊な甘さで、なかなかよろしいです


しかし・・・

写真をご覧になっておわかりのように、これはデカい・・・💦

下手すると、グレープフルーツくらいの大きさがあります。

一度にひとりで食べるのにはちょっと大きすぎるので
家では半分ずつに分けて食べますが
中国人と一緒の時は、全部ひとりで食べなければなりません。

梨は分けて食べてはいけないのです・・・


日本人も語呂合わせで縁起を担ぐことがよくありますが
中国人も同じように語呂合わせを気にします。

「梨开(梨を切り分ける)」と「离开(別れる)」は音が同じなので
親しい人と梨を切り分けて食べると、その人と別れることになる・・・
というジンクスですね〜。


外国人がゴロ合わせの地雷を踏んでも
「知らないから仕方ない」と大目に見てくれるので大丈夫ですが
こういうことも少し知っていると面白いし、話も弾むし、楽しいですね












posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(2) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

ある展覧会

3.JPG



百年职校は貧困家庭の子供に無償で教育機会を提供する職業学校です。
中国国内に9校、アンゴラに1校あります。
http://www.bnvs.cn/

昨年、香港の天天向上という基金の協力で
百年职校の生徒四名がインドの大学で美術を学ぶため短期留学しました


4.JPG



このたび帰国した四人の学習成果を発表する展覧会が開かれました。

知人のご縁で、わたしも見に行ってきました


5.JPG



东直门のビルの廊下を利用した比較的小規模の展示でしたが

百年职校の理念に賛同する名士やインド大使館、メディアなども来ていて
なかなか盛り上がっていました


6.JPG


7.JPG


8.JPG


9.JPG



ただ絵を描くのが好きなだけで正式な美術の教育を受けてきたわけでもない四人ですが
百年职校の大勢の生徒の中から、美術の才能があると選ばれてインドへ渡りました。

見ていくと
最初の頃の作品からだんだん変化して、大きな進歩を遂げたことが素人目にもわかりました


中国では、大企業や社会的地位のある人、大学生などの間で
ボランティア活動が思った以上に盛んです。

それだけ経済が発展して社会が安定して来ているということなのでしょうね。
色々な問題や矛盾はあるにしても・・・













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

どうしてこうなった

1.JPG



影が映りこんでちょっと見えづらいですが
麦当劳(マクドナルド)の新メニュー広告です

一番左の大きな写真は
ドイツ式・焼きチューリンゲンソーセージのハンバーガーだそうですが
二枚のパテの上にソーセージが二本って・・・

まぁ、こういうものは往々にして実物はもっと小ぶりなものですが
さすがに数までは変わらないだろうし。

どんだけ好きなんだ、肉・・・💦


2.JPG



こちらは汉堡王(バーガーキング)の新商品です💡

気になるのは左側の、イタリア式・バジル・ワッパーです。

真ん中、トマトの下に見えるのは
中国のネットでも確認しましたが
どうやらパンらしいです・・・

なんでバーガーの中にパンを挟もうと思ったのか⁉


この他にも、残念ながらタイミングを逃して写真は撮れませんでしたが
必胜客(ピザハット)のドリアンピザというチャレンジングなメニューも見たことがあります。

ピザのチーズの上にドリアンを並べて焼いてあるようですが
人気があったらしく、繰り返し登場していました・・・









posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

ローソンの巻き寿司

5.JPG



罗森(ローソン)で巻き寿司を買いました。
ツナとチーズだそうです・・・
確か120円くらいだったから、割と普通の値段ですね💡


6.JPG



開くとこんな感じ

残念ながら、海苔は先に巻いてありましたが
ご飯の質は中国のコンビニにしては、かなりマトモな方。
さすがニューオータニにある店です
http://www.dianping.com/shop/37933085

やっぱり以前の仮説のとおり
外国人ではなく、日本人濃度の高い地域のセブンイレブンとローソンは
比較的ご飯のクォリティが高いように感じますね〜


で、肝心の中身なんですが
キュウリと玉子焼きと、なんとびっくりカンピョウまで入っている本格派で
そこになぜかツナマヨが加えられている・・・
そしてチーズはどこにも見当たらない・・・

チーズは入れ忘れたのか、
はたまたごく微量のクリームチーズか何かが入っていたのかは不明ですが
これはこれで美味しかったです


キュウリはともかく、カンピョウにツナって組み合わせは斬新ではありましたが
意外と合うもんだな〰
と妙に納得してしまいました💡











posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする