2017年02月28日

看板いろいろ

一時帰国中でもありますし
オムニバスといえば聞こえはいいですが
撮るには撮ったけれど使い道のない写真の棚卸しというか
ストーリー性の無い記事が増えてしまってすみません💦


1.JPG



以前、吉野家の朝食メニューでなんとフレンチトーストをアップしましたが
http://beijingvivian.seesaa.net/article/438173625.html

今回はKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)の朝食メニューです。

6〜9元(約99〜149円?)とお安くて種類も豊富で迷いそうですが
やっぱり気になるのは6元のお粥と油条のセットかな〜

朝食の時間帯に店の近くを通ることが無いので、まだ試せずにいますが・・・


2.JPG



転職アプリの広告です。

换工作,就是换老板(仕事を換えるというのは、つまりボスを換えるということだ)
というなかなかインパクトのあるコピーで去年あたりから目を引く宣伝をしている会社です💡

去年は孫悟空が新しいボスに三蔵法師を選ぶ・・・というような漫画でしたが
今年は干支も変わったので、サル→鶏ということのようです。

一鸣惊人(普段は地味でも、ひとたび鳴けば人を驚かす)
留学生が必ず習う成语(熟語)に、思わずクスッとさせられます。


3.JPG



你知道吗?孔子不姓孔,姓子。还有微信上可以借钱啦!
知ってましたか?孔子の名字は「孔」じゃなくて「子」だって。
そして微信(WeChat)でお金が借りられるって!

いや、スマホアプリでお金が借りられるのは(危ない気はするけど)驚きませんんが、
「孔」が姓でないとはちょっとびっくりかも・・・

孔子が右手に持っている身分証明書に書いてありますが
姓:子   氏(氏族):孔   名(実名):丘   字(字名):仲尼
だそうです。

Wikipediaとはちょっと違いますが
中国の看板だし、百度百科でもこう出ているので、こちらの説を取りたいと思います。

孔子がスマホアプリでお金を借りたいかどうかはしりませんけれど〰


4.JPG



「生化危机(バイオハザード)」の看板です

ミラ・ジョヴォヴィッチは「米拉・乔沃维奇」と書きます。
人の名前とは思えない字の並びですねぇ💨

よく見ると、ミラの左側に小さく描かれているのはローラかもしれません・・・












posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

お約束の突っ込みタイムです

2.JPG



昨年暮れに、わーいって
「ユーリ!!! on ICE」の北京聖地巡礼を敢行したわけですが
http://beijingvivian.seesaa.net/article/445243986.html

その時に行った紫竹院公园にあった小規模な遊園地のゲートが・・・
http://japan.visitbeijing.com.cn/sightseeing/29.html


3.JPG



こ、怖い・・・
目がイッっちゃってる・・・

子供が夜泣きしますって、絶対・・・


4.JPG



電動自転車の後ろに子供用座席をつけています

でも
わたしの知る限りでは

アップル社に、こんな製品は無かったような・・・


5.JPG



スーパーで見かけた、ドリアンのミルクキャンディ

ドリアンのミルクキャンディという時点ですでに
誰得な感じがしないでもないですが

問題はそのカタカナのように見える何か・・・です💦


ヌノモヤヘツ

少なくとも日本人にはそうとしか読めません。

でも英語部分の発音も、中国語部分の発音も
このカタカナらしきものとは似ても似つかぬ音ですし〰


どこからかコピペしたにしても
何をどう間違えたのか見当が付かないし

そもそもドリアンのお菓子に日本語を付けること自体
販促的になんの意味も無いようにおもうんですけどねぇ💨


これはわたしにネタを提供するためだけに存在するお菓子ということかも💡












posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

中国のコンビニで発見したこと

1.JPG



先日の記事で「中国のコンビニおむすびは米が硬くてパラパラ・・・」と書きましたが
http://beijingvivian.seesaa.net/article/446817331.html

それでも出先で米の飯が食べたくて買ってしまいました💨


そしたらなんと、驚くじゃありませんか、米がふっくら柔らかいっ

完ぺきではないですが、日本人的にも充分アリでしょのレベルです。


左の酱香烤鸭肉はちょっぴり中国風味の醤油味の鴨肉で
思った以上にご飯との相性もよかったです💡
(海苔はすでに直巻されていましたが)

そして右側の日式昆布は、日本のコンビニおむすびと同じパリパリ海苔で、
柔らかいご飯に塩昆布
中国でこんなのが食べられるとは〰


これ、ひょっとしたら
同じチェーンでも作っている工場が違うとここまで違うシロモノになってしまうのかもしれませんね。

とはいえ、どこの店がどの工場使っているかなんてわからないし💦
はしから当たって行くしかないんでしょうかねぇ・・・


ちなみにこれを買ったのは、普段は通ることが無い亮马桥のセブンイレブンでした。
http://www.dianping.com/shop/19486616


写真のサンドウィッチは
ハムと両面焼きの目玉焼きとレタスでしたが、これもよかったです

中国のサンドウィッチは、時々妙に甘い事があって
これはフルーツサラダ用の甘口マヨネーズを使っているからではないかと
密かに疑っているのですが
このサンドウィッチはちゃんと普通のマヨネーズを使っていました。


もうひとつは菠萝面包(パイナップルパン)と書かれていますが
いわゆるパイナップルパンというよりは、限りなく日本のメロンパンに近かったですね

パンの上の硬い層が少々しなっとしていましたが
これはかなりメロンパンな感じでこれも満足でした


これは、あちこちのコンビニで試してみて
美味しい所を探さなければならないということですかねぇ・・・












posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする