2016年10月31日

ハロウィン in 北京A

1.JPG



東直門(东直门)にあるショッピングモール、ラッフルズ(来福士)です。
http://www.dianping.com/shop/2483536

ここはさすがに北京の東半分にあるだけあって
ディスプレイはいつもそこそこがんばっている感じがします


ケーキから手が出て、自分自身を食べているイメージかな

ファンタジー&ホラーに耽美をちょっぴり振りかけた辺りを狙う路線のようですが
配色や細部の作りにいまいちエッジが効いていないのは残念・・・💨

まぁそれでも、北京全体から言えばまだ「よくできました」に入るレベルかな。


2.JPG



モールに入ると、
深紅の薔薇の花びらで作った髑髏がお出迎えです

耽美ですし、コンセプトとしては悪くないので
あともうひとひねりっ❗ってとこですね。


3.JPG



吹き抜けには巨大な骨の手が吊られ
手のひらから深紅の薔薇の花びらが床に落ちているような趣向になっています

カボチャや魔女でお茶を濁さず、
独自の路線を追求しているところはなかなかいいですね。

花びらの処理とか、骨のデザインとか、周りの壁の色とか
もう少し凝ってみても面白かったかもしれませんが

ちょっぴり大人っぽいハロウィンという雰囲気で
それなりに楽しめました〰













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

ハロウィン in 北京@

1.JPG



10月に入ってから北京でも至る所でハロウィンの飾りつけを見るようになりました💡

ショッピングモールの入口に置かれたハロウィンのディスプレイ

カボチャの統一感がイマイチではありますが
まぁそれなりの雰囲気は出ていますね。


2.JPG



確かH&Mのディスプレイです

これならハロウィンだけでなく、他の時期に着てもよさそうですね〜


3.JPG



必胜客(ピザハット)もハロウィン特別メニューを出しています。
ピザ生地が黒いらしい・・・


しかし前から気になっているのは、
ハロウィンは本来、「万圣节前夕(万聖節の前夜)」であるはずが
「前夕」を抜いた「万圣节」だけで呼ばれることがほとんどだということです。

「万圣节(万聖節)」は11月1日だから、意味が違うだろっ👊


4.JPG



汉堡王(バーガーキング)はチキンスティックのハロウィンバージョンで勝負です
ケースがなかなか可愛いですね〜。

しかし
片方がホットチリなのはともかくとして
もう片方がクミンって・・・やっぱり中国ですね〜


5.JPG



そして华堂商场(イトーヨーカドー)のハロウィンディスプレイ〰

相変わらず安定のトホホ感です・・・

逆にこれを見ると妙にホッとしたりして💤

ちなみに以前はこんな感じです⤵
http://beijingvivian.seesaa.net/article/408116049.html

うん、ある意味ご立派













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

昼食難民の救世主

4.JPG



9月以来、昼食難民をしていたのですが
http://beijingvivian.seesaa.net/archives/20161016-1.html
http://beijingvivian.seesaa.net/archives/20161017-1.html
お友達から貴重な情報をいただきました

地下鉄五道口駅からほど近いところにある THE STEPS BAR
http://www.dianping.com/shop/6243907

夜は名前の通りバーですが、昼間はレストランになります。

で、灯台下暗し・・・Pyro Pizzaと同じビルにあったんですね〜💡
http://beijingvivian.seesaa.net/article/439959049.html


5.JPG



実はこの店、レディース・カードというものがあって
女性客なら誰でももらえるのですがこれを提示すると15元(約233円?)で食事できるのです

毎日では無くて週に三日だけなのですが
月曜日はビーフかチキンのハンバーガー
水曜日は各種サンドウィッチ
金曜日はブリトーです🍔


6.JPG



サンドウィッチなら四種類から選べます

メニューによって値段は違いますが、大体半額前後という感じですから超お得ですよね❗


7.JPG



クラブサンドウィッチを頼んだらこれが来ました。
中身はベーコン、レタス、ゆで卵・・・
なんかわたしの知っているクラブサンドウィッチとは違うけど〰

でもこれはこれでとても美味しかったし、
なんといってもすごいボリューム
そのまま食べられなくてナイフで三つに切りわけたのですが
その一つが小ぶりのハンバーガーくらいありましたから💦

写真にうまく写っていませんが、
サンドウィッチの向こう側にはフライドポテトがたっぷり
熱々でこれも上々でした〰


8.JPG



これはブリトーです

これもわたしの知っているブリトーと違う・・・
ブリトーというよりは、オオサンショウウオ・・・
ってくらい大きかったです


9.JPG



こちらは15元メニューじゃないタコス。
確か28元(約434円?)でした。

ソフトシェルの中にハードシェルを重ねてあって二種類の食感が楽しめます

北京でこんなに美味しいタコスが食べられるなんて思っても見ませんでした


特別価格の月水金のランチタイムはかなり混むようですが
ちょっぴりアメリカのダイナーかバーを意識したウッディなインテリアで
お店の人もなかなか親切だしいい雰囲気の店だと思います

マジで通い詰めてしまいそうですね〜。













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(6) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする