2016年03月31日

戻橋と何やらと・・・

1.JPG



晴明神社にこんな立札が出ていました
同じ内容は、晴明神社のサイトにも載っています。
http://www.seimeijinja.jp/oshirase/

う〜ん、陰陽師ブームに便乗した商売をめぐる対立があるようですね・・・


2.JPG



実際、神社の真隣にありました、こんな店が〰

ちょっと興味はあったけど、あまりに怪しげなのでスルーさせていただきましたけれど💨

晴明神社の境内にも、公式のお守りやマスコットやグッズが売っている店があって
そっちの方は、わりとまっとうな真面目な感じで、
あまりぶっ飛んだデザインとかは無かったように思います。

まぁ、買う人が居るから商売が成り立っているんでしょうから、それはそれで仕方ないとも言えますが。


3.JPG


4.JPG



で、気を取り直して堀川通に戻り、一条戻橋へ・・・
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E6%9D%A1%E6%88%BB%E6%A9%8B


一条通が堀川を越すところにかけられた橋で、
平安京が作られた時期までさかのぼることができるそうです。

平安時代の漢学者三善清行が亡くなって葬列がこの橋を通ったとき
熊野で修行中だった息子が急を聞いて駆けつけここで祈ると
父親が一時的に生き返って、親子の別れをした・・・という伝説から
魂が戻る→「戻橋」と呼ばれるようになったのだとか。


学生時代のガイドのバイトでは、
まだ陰陽師ブームなんて無かった頃ですから
堀川通でバスが渋滞に巻き込まれた時の「時間稼ぎネタ」でしかなかったので
あまり印象に残っていない話でしたねぇ💦


戻り橋のたもとに咲いているのは多分桜だと思います・・・えらく早いけれど

日当たりのいい暖かい場所なので、二月末だったけれどもう咲いたのでしょう













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

晴明神社

1.JPG



京都最終日は京都国際マンガミュージアムへ行こうと思っていたのですが
うっかり下調べを忘れていたので、休館日と気づきませんでした・・・
http://www.kyotomm.jp/

というわけで、急遽代打で思いついたのが
堀川一条にある晴明神社。
http://www.seimeijinja.jp/

学生時代にガイドのバイトをしたことがあるので
京都の大概の場所には行っているはずなのですが、
ここは行ったことがありませんでした。
(当時は今みたいに有名じゃなかった〰)


一条戻橋のバス停で降りると
すぐ目の前に晴明神社の鳥居がありました。

扁額にぽつんと五芒星(晴明桔梗)というのは
かなりインパクトがありますね。


晴明神社は平安時代の陰陽師であった安倍晴明をその屋敷跡に祀った神社です。

といっても昔はあまり目立たない神社だったはず・・・

夢枕獏の小説「陰陽師」と、その漫画化、映画化のヒット、
それから最近ではフィギュアの羽生結弦選手がプログラムに取り入れたことなどで
すっかり人気スポットに変貌したようです

実際、見た感じでは、参拝者のほとんどが十代〜二十代の女性でした。

わたしは京極夏彦ルートからここに来たのですけれどね


2.JPG



一の鳥居をくぐると左側に一条戻橋があります。

現在の一条戻り橋は平成になって新しく掛けられたものですが、
その時、前の橋の欄干を活かしてここに昔の風情の「一条戻橋」を作ったのだそうです。


3.JPG



二の鳥居をくぐって本殿へ向かいます。
とても小ぢんまりとした神社です。


4.JPG



明治時代に建てられた本殿と、その手前には安倍晴明の像があります。

静かで簡素な感じです。


5.JPG



本殿の前にある「厄除桃」

なでると厄が落とせるようなので、しっかりなでさせていただきました。
桃は多くの参拝者になでられてピカピカです


6.JPG



実はこの場所、千利休の屋敷があったところでもあるそうです


7.JPG


8.JPG



晴明井と呼ばれる井戸です。

五芒星の中心から水が湧き出て、一ヶ所の端から流れ落ちるようになっています。
この流れ口は、毎年恵方に向くように調整されるのだとか・・・

千利休がお茶をたてるとき使ったのもこの水だそうです。


小さな場所ですが、交通の便もよく、
とっかかりは何であれ興味のある人にはとても面白い神社ですね

















posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

祇園界隈

3.JPG



結局京都では、アテンドの時も、センチメンタルジャーニーの時も
一番多く通ったのは祇園界隈でした。

まぁ、お寺見たりするのにここはどうしても通らざるをえないというか・・・


ただでさえ世界各地からの観光客でごった返している八坂神社前に
ゆるキャラが二体現れました

「京都府広報監」のまゆまろと
http://www.mayumaro.jp/
京都府警のシンボルマスコットのポリスまろん
http://www.pref.kyoto.jp/fukei/site/koho_k/mascot/

・・・だそうです。


ゆるキャラの着ぐるみってかさばるから、
観光客と、通行人と、関係者と、ゆるキャラと写真を撮りたい人で
もう大変なカオスになっていました〜


特に八坂神社前のローソンは芋を洗うというか、阿鼻叫喚というか・・・

某国の親子三人連れが、
買ったお弁当を店内で立ちながら食べているのを見て驚きましたが、
うん、よく考えてみたら
本国ではそういう人は結構いるから、自然な行為なんだろうなぁ・・・と💣


四条通も変わったところと変わっていないところと色々でしたね。
南座が耐震補強で当面休館というのは驚きましたが💦

あと、
よーじやも変わりましたねぇ💨

確かわたしが学生の頃、ファッション誌であぶらとり紙が取り上げられて人気に火が付いた記憶ですが
いつの間にか品数も増えて(復活したという方が正解らしいですが)
カフェまで出来ちゃって・・・

まぁ、
わたしの中国人の友達の間でもここは知られているくらいですから・・・


4.JPG



晩ご飯に何を食べようかと歩いていて
ふと、千房の看板が目に入って、ふらふらと入ってしまいました。
http://www.chibo.com/shop/list/detail.php?id=68

学生時代にはよく利用したものです。
ぼてぢゅうよりも千房の方がよく行きましたね


お好み焼きとモダン焼きを注文しました。
やっぱりモダン焼きは外せません

どちらもとても軽かったけど、昔からこんなに軽かったっけ⁉


とりあえず、何十年ぶりかの味を懐かしくいただいて満足しました













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする