2016年02月28日

大王わさび農場

1.JPG



雪が小やみになったので、大王わさび農場へ行ってみました
http://www.daiowasabi.co.jp/

ここは大王というわさび農場が、
無料で農場見学をさせてくれるところで、
レストランや売店では、わさびを使った料理や食べ物を買うことが出来ます。


2.JPG



入口には三匹の鬼の像がたっています。

これは農場の「大王」の名前の由来になった伝説の人物
魏石鬼八面大王(ぎしきはちめんだいおう)です。


3.JPG



橋の下一面にわさびが植えられています。

わさびは冷たい清流でなければ育たないということで
大王わさび農場を流れる水はどれも澄み切ってきれいです


4.JPG



ビニールシートで保護されたわさびの前に立っているのは
わさびの銅像・・・💦

なんだかとてもシュールな感じです〰


5.JPG



清流には古びた水車小屋もあり、
のんびり散策するのにうってつけの場所です。


6.JPG



農場内には、
八面大王の岩屋のレプリカまでありました


7.JPG



魏石鬼八面大王(ぎしきはちめんだいおう)は
8世紀ころの安曇野に居たと言われる伝説の人物です。

征夷大将軍の坂上田村麻呂と戦って滅ぼされたということですが、
逆賊であったという説と、中央の圧政に立ち向かった義士であったという説とあり、
まぁこれは、どちらの視点から歴史を見るか、という問題ですね。
http://www.daiowasabi.co.jp/mite/daiokutu.php


この農場は広い敷地を散策したり、
生わさびや、わさびを使った食品をお土産に買ったりできるので、
シーズンには観光客でにぎわうそうです。

売店でわさび味のおつまみとか漬物とか試食してみましたが、
さすがわさび農場
街で売っているわさび味のスナックやおつまみとは全然香りが違います

わさびってこんなに美味しい物だったんだ〜
という感じで、色々買いたくなってしまいますね。













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

穂高神社

ちょっとあちこち出かけますので、
記事は自動更新しますが、コメレスが遅れるかもしれません。
ご容赦ください💦


6.JPG



安曇野の穂高神社へ着く頃には、雪が本降りになってきました・・・


穂高神社は最近社殿を建て替えたようで
新しくきれいになっていました


7.JPG



参拝の仕方が、微萌えな感じの可愛い巫女さんのイラストで紹介されていました。
日本語の外に、英語、中国語、ハングル文字があるところにびっくりです。

そして一番驚いたのは、参拝の順番・・・


この図解によると、お賽銭を奉納したあとにそれから二拝の前にお祈りをして
それから二拝二拍手一拝するようにとなっています。

わたしが今まで考えていた順番と違う・・・


帰ってからネットで色々調べてみたのですが、
お祈りをするしない、する場合のタイミングについての作法は
サイトごと、神社ごとに色々違うようです💨

そういう意味では、
慣れていない外国人だけでなく、わたしたち日本人にもこの図解はありがたいかも・・・


8.JPG



お守り売り場にも、日本語、英語、中国語、ハングル文字の説明が

この辺りでは大きくて有名な神社なので、
こういうニーズもあるんでしょうね。


9.JPG



社務所の入口にニワトリ発見

飼っているのかと思ったら、
どうやら境内には昔からたくさんの野生のニワトリが住み着いているようです。


神社に鳩がいっぱいいるのはよく見ますが、
ニワトリも神の使いとされているので
なるほど、居ても不思議ではないわけですね〜

ただ、最近はこの穂高神社のニワトリも
野生動物の被害などで数が減っているようではありますが・・・













posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

そば処常念

1.JPG



安曇野市の、そば処常念に行ってきました
http://www.soba-jyounen.com/index.htm

雪もよいの日で少し寒かったです。

江戸時代の農家の建物をそのまま使っているので、
トイレが屋外にあったり、少し不便な事もありますが、
雰囲気のいいお店です。


2.JPG



一対の道祖神が描かれた小さな障子戸を開けて中に入ります。

安曇野は道祖神の宝庫ですね
いたるところで、様々なタイプの道祖神を見ることが出来ます。


3.JPG



店の中も、昔の農家の生活の様子がぞこここに残されていて、
不思議と落ち着く感じです。

奥に見える椅子席には
このあと外国人観光客が座っていました。


4.JPG



まずはお茶と野沢菜漬け。
お茶うけに漬物というのは信州流です。

そしてサービスのリンゴ

冬場はオフシーズンなので、
この時期に行くと、ちょっとしたおまけをつけてくれることがあり、得した気分・・・


5.JPG



天ざると、右側のピロシキみたいなのは、
そばっ娘というそば粉の皮にくるみ味噌を巻いて焼いたお菓子です。

少なめに見えて、食べると結構ボリュームがあります。


わたしとしては、もう少し黒くてゴワゴワした感じの蕎麦が好きなのですが、
メニュー全体のバランスとしては、ここ常念はとても気に入っています。

そしていつも、お店の女性従業員さんたちが素朴で感じがいいので、
気持ちよくくつろいで食事が出来るいいお店だと思います















posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする