2018年07月21日

地雷を踏みぬく(再アップ)

1.jpg



今日の昼に更新されたブログが
またなんだかネットが不安定な間に操作したせいで
消えてしまいました・・・

気合が抜けてしまったので
前より手抜きの文章になりますが、お許しください💦


買い物の最中に面白い物を発見すると
「そのうちブログの試食レポートネタにできるかも」
と思って買うのですが
買って帰ったあと
食べる気力が失せてお蔵入りしてしまうこともままあります💨

地雷臭のあるものは
気力体力が充実していないと
ダメージが大きいですからねぇ


2.jpg



コンビニで見つけたドリアン味クッキー

違和感の無い日本語と
日本で売られることは金輪際ないだろうフレーバーの組み合わせが
ひときわ目を引きました。


3.jpg



裏の表記も
日本の会社の製品なら微妙に違う表現を使いそうですが
それでも日本語としてこなれています💡

桜太郎という会社のようです。
ホームページもありました
http://www.sakurataro.com/


中国の会社が輸入していて
工場はタイにあるようなので
タイの会社ではないかと思われます。

ホームページの日本語はちょっと変なところもありますが
日本語の言い回しをよく知っている感じがして
なんとなく好感が持てます。



しかし、お味は・・・

撃沈

ドリアンは特別に大好きというほどではありませんが
まぁまぁ好きな範疇なのですが
ここまでストレートにドリアンだけだと
全部食べるのはちょっと辛いかも・・・

本当にドリアンが好きな人なら
きっと大歓迎の味だと思います

ただ言えるのは
輸入食品店以外で
日本でこれが売られることはまず無さそう
・・・ということですかね〰



posted by vivian at 17:51| 北京 | Comment(1) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

カラーボックス

1.jpg



物をなるべく増やさないように
家具もできるだけ買わないようにしていますが
どうしても買う時は
捨てても惜しくない程度のものを・・・

どうにも収納に困ったので
カラーボックスを買うことにしました💡

京东という大手通販サイトはわりと評判がいいので
ここで買うことが多いです


画面の右上の方、ピンクの丸で囲ってあるところ
赤で「自営」の文字が見えます。
京东でもこのマークがついているところは
信用度が高いと聞いて
いつもこのマークで探すことにしています。


送料など込みで85.5元(約1,454円?)
日本でもこのくらいかな〰
支払はスマホの電子マネー決済です。

アパートの一階にある雑貨店受け取りにしたので
とても楽です


2.jpg



翌日には届きました

外箱がちょっと傷んでいるけど
まぁこのくらいは普通なので・・・


3.jpg



ビシッと梱包材も入っていて割とちゃんとした感じです。

金具類は袋に入っています。

釘が一本足りなかったですが
背板の部分だったので、足りなくてもなんとかなるレベル💨

ご丁寧にドライバーまでついていて
頭を差し替えればプラスとマイナス両方使えるはずなんですが
どうやっても頭が抜けず・・・

結局、自分の持っていたプラスドライバーを使いました。


4.jpg



わかりやすい説明書つきです

2人で30分と書かれていましたが
1人で20分ほどで出来ました。

ねじ穴とかも正確に開けられていたので
基本的には組み立てに問題はありませんでした。

背板を釘で打ち付ける方式なので
一度組み立てたら二度と分解はできませんけれど・・・


5.jpg



出来上がり〜

見た目もまずまず
丈夫さもそこそこありそうです。


しかし・・・あれ・・・?

クロゼットの隣に置いたのですが
上はぴったりくっついているのに
下にすき間があるのは何故??


よくよく見たら
歪んでいるのはカラーボックスではなくてクロゼット。

そもそも、元々部屋に備え付けのクロゼットが
長方形ではなくて平行四辺形になっていたのですね・・・


あ゛ぁ・・・
まぁ、通常運行ではありますが💦


posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

ちょっと目を引いたので

6.jpg



ふと目に入って「お」となったもの三つ。


地下鉄15号線、清华东路西口駅の近くで見つけた標識。

そうか、この辺は牛や馬が引いた車は入っちゃいけないんですね〰

っていうか
数年前まではときどき見かけたこともありますが
最近ではホント、見なくなりましたよ、こういう車・・・

行商などで使うとインパクト大なので
お客さんの集まりもいいでしょうが

今どきの道路の混雑状況から見て
道路に動物の入れる余地はなさそうです・・・💨


7.jpg



地下鉄13号線の望京。

服务台(サービスカウンター)と書いてあるからには
本来は乗換案内とか落とし物とかの
案内をする人がいるべき場所だと思うのですが

ここは週に一回以上は通るのですが
人が居たのを見たことが無いです。
人の代わりに植木が案内係を務めています・・・


いや、この植木がAIで
何でも答えてくれるって言うならいいんですけどね〜。


8.jpg



地下鉄15号線の顺义あたりで見かけた自転車。

羊乳を売っています💡

チーズとかならまだしも
生の羊乳は飲んだこと無いですね〰

こってりめの味だと聞いたことはありますが。


スーパーなどで見かけたことは無いので
あまり流通はしていないのでしょう。
生産量がそんなに多いとも思えないし・・・

でもそれなりのニーズはあるのかな?





posted by vivian at 13:00| 北京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

ローソン飯

1.jpg



罗森(ローソン)を利用することも多くて
「!」だったり「?」だったりするものを
写真に撮っていたら
結構たまりました💡


フライドチキンおむすび

味は悪くないのですが
マヨネーズが多すぎて・・・

せっかくの衣がべちゃべちゃ💦

中国のおむすびはマヨネーズが多すぎる気がします。


2.jpg



昆布とゴマ
うれしいパリパリ海苔タイプです

と思ったら
昆布の佃煮が異常に甘い・・・

食べきるのにちょっと苦労しました💨


3.jpg



ドラゴンフルーツのパン
中にクリームチーズが入っています。

なんか地味に美味しい

蒸した感じのふわふわパンと
ほどよい甘さに微かな酸味・・・

飽きの来ないさりげなさがいいですね。


4.jpg



パンの上に、これでもかとのっているのは
ゴマ、燕麦、ヒマワリの種などなど・・・

これが美味しくないはずがありません
軽く焼いて食べるともっと美味しい。

欲を言えば
パンが黒いけれど普通のパンだということ。

どっしりした重いパンだと
相当美味しくなるのに〰


5.jpg



菠萝包はパイナップルパンですが
日本的に言うとメロンパンのカテゴリに入る商品ですね。

とはいえ
パイナップルパンの上にはクッキー生地が使われていないので
カリッとした食感はありません💨

それでもセブンイレブンのは
全体的な味の感じがメロンパンなので
満足度は高いのですが

ローソンのこれは・・・
なんだろ・・・

なんだかかなり違う
別の何かになっています・・・


不味くは無いのですが
メロンパンのイメージで食べると
ちょっとね・・・


まぁローソンもセブンイレブンも
味的にはそこそこいっているので
もうちょっとパンの種類が多かったらなぁ〰




posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

国家典籍博物館A

5.jpg



国家典籍博物館では他にもいろいろ展示がありました。


「詩経」から「紅楼夢」までーあのころ読んだ名作

ちょっと面白そうだったので見てみました💡


6.jpg



中国四大奇書のコーナー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%A4%A7%E5%A5%87%E6%9B%B8

一般的に中国四大奇書というと
「西遊記」「三国演義」「紅楼夢」「水滸伝」を指します。


国外でも一番知られている「西遊記」

・・・のはずなんですが
子ども向けの本しか読んだこと無くて
ドラマも見ていないし

細かい部分は全然わかりません


7.jpg



たぶんわたしが一番よく知っているのはこれ
「三国演義」

マスターピースと言われる1994年版のドラマも見たし
日本語訳ですが一応なんとか本も読みましたし。

でも長いし、人物多いし
かなり記憶はあやふやですが💦


8.jpg



最近1987年版のドラマを見たばかりの「紅楼夢」
でも本はまだ読んでいません。

次の攻略目標はこれかな〰


9.jpg



ストーリーもキャラも全くわからないのがこれ
「水滸伝」

とりあえずドラマ辺りから手を付けてみましょうか💨



中国四大奇書には
「西遊記」「三国演義」「水滸伝」に加えて
「紅楼夢」ではなく「金瓶梅」を入れる説もありますが
現代中国では「紅楼夢」を入れるのが正式のようです。

「金瓶梅」だと
海外に胸を張って紹介しづらい部分があるのかな〜


この辺を押さえておくのは
まぁ個人的な趣味でもありますが
ことわざや俗語の中に出てくるし
今のドラマや映画でも引用やパロディとして登場するので
ある程度知っていた方が便利ということもありますね。



他にもおなじみの李白、杜甫、蘇東坡などの面々の展示もあり
ちょっと学生時代の漢文の授業を思い出したりして
結構楽しかったです


posted by vivian at 13:00| 北京 ☔| Comment(2) | 中国あちこち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする