2017年12月12日

大統領チョコレート

1.jpg



わたしのものでも中国関係でもないのですが・・・

知り合いの所へ行ったときにこんなものを見ました

どうやらアメリカ土産のようです

歴代大統領のチョコレート


ベタといえばベタな土産ですが、なんか笑える〰

そして10人が採用されているわけですが
そのチョイスも面白いというか・・・


2.jpg



中はこんな感じです。

さすがにチョコレート自体が大統領のレリーフになっている・・・
なんて高等テクは期待していませんけどね💨


え〜っと・・・

左上からジョージ・ワシントン
その下がセオドア・ルーズベルト
左下がフランクリン・ルーズベルト

下の左がハリー・S・トルーマン
下の右がドワイト・D・アイゼンハワー

右下がジョン・F・ケネディ
その上がウッドロウ・ウィルソン
右上がユリシーズ・グラント

これはチョコレートのラベル表記とネットの写真で確認したので合っていると思います💦


となると、上中央、食べられちゃった二人は誰


缶の蓋の絵から見るに
トーマス・ジェファーソンとエイブラハム・リンカーンだと思われます。

まずこの二人から食べた人(日本人ですが)の好みがわかった気がして
ちょっと面白いかも


一番新しいのがケネディってところは
まぁ、「すでに歴史になっている人」だからこんなもんでしょうね。
新しすぎると差しさわりも出たりするし・・・


日本の国会では、ジョークっぽい政治家のお菓子とか売っていますが
アメリカではそういうのは無いのかな⁉
中国では絶対あり得ないと思うけど・・・











posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

トルティーヤ

1.jpg



以前から気になっていたのですが
スーパーのパン売り場でよく見かける「旋风饼」・・・
トルティーヤと下に書いてありますが
そんなにメジャーな食べ物とも思えないのですが⁉

10枚入りで170円くらいです。


先日思い立って買ってみました💡


そのままでもいいけど、温めるとなお美味しいということなので
フライパンで空焼きしてみました。

中にチーズやトマトを入れて巻くと
あ、ホントだ、小麦粉のトルティーヤですね

普通においしいです


中国の人がチリとか巻いているとも思いにくいので
おそらくは饼(中国風クレープ)の一種として受け入れられているのではないかと・・・

試しに、中華風の炒め物を作って巻いてみたら
これは美味しい

トルティーヤをパリッとするまで焼くと食感もよくなるし
クセになるかも〜


この外にも、お粥に添えたり
ピザソースを塗って焼いてみてもよさそうですね。
意外と使える食材発見です








posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

熊本熊

1.jpg



この3年くらいでしょうか
くまモンが中国でも人気になってきました

今では毎日どこかで目にするくらいに・・・


くまモングッズでクリスマスを楽しもう
みたいなスーパーの広告です

ちなみに中国ではくまモンは「熊本熊」と表記されます。
語呂がよくて、なかなか上手なネーミングではないでしょうか。


小型リュックが39.9元(約679円?)
ぬいぐるみに至っては15.9元(約271円?)と破格の値段です。

一応「100%正品」って書いてあるけど・・・


2.jpg



本屋に行ったら、あの「くまモンの秘密」の中国語訳が出ていました






最近ではくまモンは「熊本熊」ではなく
その音からとって「酷MA萌」と呼ぶことも多いようです💡

ちょうどトトロの正式名称が「龙猫(龍猫)」なのに対して
音からとった「凸凸鲁」が広まっている感じでしょうかね。


数年前くらいまではNHKのどーもくんとか人気だったけど
次は何が来るかな〜










posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

金地広場

1.jpg



金地广场(金地広場)は大望路の中規模ショッピングモールです。
http://www.dianping.com/shop/6499598

特に高級なブランドや人気ショップが入っているというほどでもないですが
地下鉄大望路駅と直結した便利さときれいさが売りってところですかね〜

オフィス街なので昼時や通勤時間にはそこそこ込み合います。


2.jpg



上のレストラン街にあるアメリカ風和食の将太無二

ねぶたのディスプレイが目を引きますね〜


3.jpg



この中華レストランは
実物大の食品サンプルをそのまま壁に貼り付けてあります。

写真だと立体感がわかりにくいですが
かなりのインパクトがあります💡


そして横に書かれているのは
「頭を挙げて明月を望み 頭を低れて故郷を食す」

李白の「静夜思」のパロディですね

頭をたれて故郷を思うなら詩になりますが
頭を下げてわき目も降らずに食べているとなると・・・ちょっと笑えます。


4.jpg



わたしがよく利用するのは地下のフードコートです。
なかなか雰囲気もいいし、昼時を外せば混んでいないので


5.jpg



お気に入りは小恒水饺
http://www.dianping.com/shop/38153482

ここは特に「変わり餃子」というわけではないし、オリジナル餃子でもないのですが
微妙にちょっぴり珍しいのがあったりして楽しいです。

この時頼んだのは炒り卵とニンジンの餃子。
小サイズで22元(約374円?)

肉よりもあっさりしているので、軽く食べたいときにぴったりです。
そして何より、オレンジと黄色の色合いがきれいです


茹でているうちにふたつ弾けてしまったとかで
わたしが先に食べている間にふたつを追加で茹でて持って来てくれました。

弾けた皮もくれたので
皮二枚分だけ多くなって得したのかな⁉











posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(6) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

タブロイド

1.jpg



たまにタブロイド版の新聞を目にすることがあります💡

ローカルニュースや身近な軽めの話題を扱っていることが多くて
中国語の先生に言わせれば
「もう充分読めるんだから、たまにはこういうのも読みなさい」
なのですが、やっぱりおっくうで・・・💨

それでも面白そうな時は、一面だけ眺めたりすることも。


これは先月下旬の法制晚报、夕刊ですね〜

建国门と复兴门に20年もの間あった、あの「虹の橋」が撤去されているるところです。

あれ、夜に通りかかるとかなりギョッとしたものですが
(周りの景色の雰囲気から浮いているので・・・)
無くなるとなると寂しいですね。

写真撮っておけばよかった〰


ちなみに写真下の見出しは
先日日本でも報道された、北京の幼稚園での事件の後追い記事です。


2.JPG



こちらはちょっと前の北京青年报

今年の5月に行った周口店遗址(北京原人公園)の山の覆いが
http://beijingvivian.seesaa.net/article/449589163.html
年内に完成する見込みという記事です

そうか〜
内側から見るとこういう風になっているのか・・・


3.jpg



11月上旬の北京晚报。

トップ見出しは
「火曜日から暖气(集中暖房)の試験運転が始まります」

なにせ中国北部の暖气(集中暖房)は
お上がつける日と消す日を決めているので
こうやって新聞で通知されたりします。

寒くなってもなかなか暖气(集中暖房)が始まらなくて難儀しているときに
こういうニュースを見ると希望の光が〜


大きな写真は
このころ今季初めての大気汚染オレンジ警報が出たのを受けて
各地から北京に入ってくる大型車両の排ガスをチェックしている図です。

地方の車両は排気ガスをちゃんと処理できないものも多いようで
そういった車が市内に入るのを防いでいるのだと思います。


確かこのオレンジ警報の時は
実際にはそれほど大気汚染はひどくならなかったような・・・

色々な規制が効果あったからというよりは
都合よく風が吹いてくれたから・・・だったかもしれませんが










posted by vivian at 13:00| 北京 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする